ここから本文です

「めぞん一刻」です。 最後の方の「契り」というお話で、音無さんと五代さんは結...

ujz********さん

2019/7/1221:11:49

「めぞん一刻」です。
最後の方の「契り」というお話で、音無さんと五代さんは結ばれますが、その時初めて音無さんは五代さんを「あなた」と呼びますね。
また、音無さんは「自分から抱いて

下さいとお願いしないと自信が持てないんですか」という場面があります。
これはもう既に前から、音無さんは五代さんに誘われても、いつでも心の準備は出来ていたと言う意味なのですか?
詳しい方、教えて下さい。

閲覧数:
58
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pai********さん

編集あり2019/7/1222:02:46

そういう事です!
五代君は失敗続きで、いつも自信が持てない状況でしたから、
待ち続けた響子さんが業を煮やした発言な訳ですね。(笑)

  • 質問者

    ujz********さん

    2019/7/1222:07:06

    そうですか、勉強になりました。
    つまり、音無さんはずっと前から、もう五代さんには求められたら、体を預けても良い覚悟という意味ですね?
    たまたま五代さんは自信なくて、求めなかったけれど?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mei********さん

2019/7/1221:20:41

そうです。あれは源氏物語並みのポルノ作品です。あまり生真面目に考えないようにして下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる