ここから本文です

イタリア語もスペイン語もフランス語もブラジル・ポルトガル語も、目的格の代名詞...

shy********さん

2019/7/1300:17:31

イタリア語もスペイン語もフランス語もブラジル・ポルトガル語も、目的格の代名詞は動詞の前に来るのがデフォルトなのに、なぜイベリア・ポルトガル語だけ動詞の直後に置くのがデフォルトなのでしょうか?

イベリア・ポルトガル語で目的格の代名詞が動詞の前に来るのは、副詞・否定の副詞・疑問詞のいずれかを伴う場合か、前置詞や関係代名詞を伴う場合だけです。

内接辞(例えばEu ter-te-ia cortado, se não ela estivesse aquiなど)もイベリア・ポルトガル語に特有の現象だと思いますが、これらの変化はいつ頃、どのような経緯で起きたものなのでしょうか?

閲覧数:
39
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tom********さん

2019/7/1517:37:00

イベリア語とポルトガル語のことはよく知りませんが、
少なくともイタリア語には「どっちがデフォルト」とかはないです。

どっちでもいいです。
個人的に知る範囲では、どっちかに強く好まれる傾向があったりもしません。

このイタリア語の「どっちでもいい」という文法が、もしラテン語の文法を引き継いだものだとすると、
ロマンス諸語を使用する各国には、俗ラテン語から移行する過程で「前と後のどちらを主に使うか」の選択を迫られた時期があったはずです。

で、そのときポルトガルはたまたま後置きを選んだだけのことになり、深い経緯などはないことになります。

  • tom********さん

    2019/7/1517:46:12

    あ、ちなみにちなみにですけど、
    再起代名詞についてはイタリア語は後置きが「辞書形(動詞原形)」です。

    「起きる(目覚める)」という動詞の場合、
    フランス語では se lever が辞書形ですが、イタリア語の辞書形は svegliarsi になります。
    (だからといって日常会話で後置きが多く用いられる、といったことも特にないのですが)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/19 00:57:48

あくまで「教科書的な説明」なんですね。市販の参考書では人称代名詞目的格を動詞の前に置いた文章が多く見られたので、それが現実の会話でもデフォルトなのだと思っていました。どっちでもいいというのは非常に羨ましいです(ポルトガル語も一応、建前としては「置く場所は完全に自由」なんですが、現実の会話や文章を覗いてみると置く場所には結構相場があります)。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ff3********さん

2019/7/1614:07:05

個人的に役に立つ情報を書いておきます。
もし東京近辺にお住まいで、
フランス語ができる友達をお探しでしたら

「BONJOUR TOKYO」

こちらに出向かれてみては如何でしょうか?

日本にいながら、フランス人と交流できるサークルみたいなものです。
(ちょっと合コン的な雰囲気も漂っていますが^^;
もちろんそれ目的じゃない人もいますよ)

企画者は日本人の奥さんを持つフランス人で、私の友人です。
こういった匿名での書き込みの場で、信用してくださいと言うのも変ですが、
私の友人のフランス人はとても明るく気さくな人なので安心してください。

http://france-jp.sofinks.com/01cours/10france/

参考になりましたら幸いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる