ここから本文です

GS(クォーツ)は大きな針を動かすためにトルクがどうのこうのとか、ハッタリをきか...

ぽん太さん

2019/7/1323:13:31

GS(クォーツ)は大きな針を動かすためにトルクがどうのこうのとか、ハッタリをきかせていますが、電池寿命は3年です。

しかも、制度は年差±10秒とCITIZENに遅れを取っています。CITIZEN の電池寿命5年です。

また、コールセンターの女性も冷たく、売れば売りっぱなしの感が強いです。

こんな時計は買うべきではありませんか?これからはCITIZEN の時代でしょうか?

皆様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

閲覧数:
236
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gtc********さん

編集あり2019/7/1408:06:40

クォーツショックを引き起こしたクォーツムーブメントも源流を辿れば、その製造はエプソンの手によるものです。9R(スプリングドライブ)やアストロンもエプソンの製品ですし、現在でも、SEIKOが生産しているグランドセイコーは9Sキャリバー(機械式時計)のみです。
また、グランドセイコーやクレドールの外装(ケース)は、SEIKOが林精器に製造を外注していますから、エプソンも林精器も単なる取引先であることから、事実上グランドセイコーやクレドール はセイコーホールディングスのマニュファクチュールではありません。
とは言え、この分業生産体制は、古くからスイスの時計製造業態に用いられてきた手法で、むしろ質の高い製品を完成させるためには高効率だと言われています。
あのロレックスでさえ、風防や文字盤の製造は日本の中小企業に外注しているみたいですからね。

しかし今日では、ムーブメントやケース製造まで他社に外注してしまうと、コスト面での不利は否定できないでしょう。
SEIKOに売りさばく側のエプソンや林精器はリスクを伴わない代わりに、SEIKOは不人気モデルのロスをまともに被ることになるからです。
そう考えると林精器がSEIKOの傘下にならない理由も頷けるところですが、エプソンに関しては売り上げ高が一兆円を超える大企業ですから、今後SEIKOを買収する可能性は少なくはないと思います。
現在のオリエントのように、ブランドをそのまま残せばいいわけですから。

一方のCITIZENは、自社開発の工作機械で自社の時計を製造するマニュファクチュールであることにとどまらず、工作機械そのものを世界中に販売していますから、今後益々、収益の点でSEIKOとの開きが大きくなるでしょう。
近頃、中国製ファッションウォッチの外装品質がやけに良くなっているのも高性能な工作機械の導入によるものですが、CITIZENはそれらファッション時計に使われる廉価ムーブメントの販売元でもありますから、お互いにウィンウィンのグローバルな視点を持っています。

元を辿ればエプソンは服部時計店の従業員が興した会社ですから、わたしたちにの目には見えない「下克上」の現体制がSEIKOを疲弊させているとすれば、少し複雑な気持ちになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/14 09:23:10

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

van********さん

2019/7/1407:36:38

シチズンは既に年差1秒の時代ですからセイコーは大きな遅れを拝しています。
セイコーは最近のデカ厚ブームをこれ幸いとキャリバーやモーターをデカくしただけです。
GSの製造元のエプソンは時計部門は事業全体の1割足らずですし、セイコーHDとは資本関係もありません。
そのエプソンにしても中途半端な自社ブランドを出すならGSを超える性能のブランドで開発すべきです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tos********さん

2019/7/1403:57:39

そうですね。

今のセイコーは過去の成功に驕りがあるような気がします。
未だに昔を引きずってる、、、

その姿勢の表れが末端のコールセンターの女性の態度かと思います^^;

実は私には人生成功の哲学があり、公式があります。年上の方に人生哲学を語るのも何ですが^^;
その公式とは
x.y=人生成功
と言うものです。
x=自分の能力
y=(世の中の流れ、環境)
この公式に当てはめてセイコー見ていくと将来は必ず失敗すると思います。
世の中の人や会社、製品の開発秘話からマーケット戦略など分析していくと答えが否応にも、出てきます。
現在成功してるブランドは他聞に漏れず、公式に当てはめてみると何度計算しても成功パターンなんですよね。
因みにシチズンは成功パターンです。
今後、世間の時計好きの見解に反して更に伸びます。
残念ながらセイコーは事業計画を見直さない限り今後、衰退して行きます。
私の公式は年齢関係なく人生に於ける公式ですから、役に立つかも知れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fan********さん

2019/7/1323:38:24

おっしゃるように精度ではザシチズンに遅れをとっていますし売りっぱなし感も否めません

gsは向こう20年は供給するそうですし修理には問題なさそうです

しかしザシチズンの10年保障も魅力的ですね

どちらもデザインで選んでいいとおもいます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる