ここから本文です

頭蓋骨の後部と首の後部の繋がり部分の右側(ツボみたいなとこ)と脳の右側が痛い...

アバター

ID非公開さん

2019/7/2102:00:03

頭蓋骨の後部と首の後部の繋がり部分の右側(ツボみたいなとこ)と脳の右側が痛いです(繋がり部分はズーンとするような鈍痛、脳の右側は偏頭痛みたいズキンズキンとする鈍痛)。脳神経外科に行き脳のMRIを撮ったり

血管をみてもらいましたが原因分からず「何でだろうねぇ。ストレスによって自律神経が乱れてるんだと思います。」と言われ、神経を整える薬と偏頭痛の薬をもらい飲み続けていますが二週間しても治らず今に至ります。また一週間前に起きるのもしんどいくらいのめまいになり、その時も脳神経外科受診しましたが同じことを言われ、血液の流れを良くする点滴をした後に飲み薬をもらい飲み続けて今に至りますが治りません。なんだか首の右側のとこは血管が痛いようなズキンズキンするような感じがあるのですがこのまま様子をみて大丈夫なのでしょうか?脳神経外科の医者がおじいちゃん先生なので何だか心配です。

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2019/7/2103:14:38

その診断は間違っていると思いますね。
整形外科を中心に思いますが、命に関わらないからか誤診や適当診断が非常に多い気がします。
医療機関、医師のレベル低下の表れなのかと非常に危惧しています。

私には顎関節症という、未だに心因性と盲信する医師もいる顎の症状があったのですが、姿勢の悪さを主因とする「蝶形骨の変位」によるものと確信し自力で完治しています。

その中で治った症状にあなたの感じていた症状も含まれます。

目眩
偏頭痛
副鼻腔炎の頻発
眼底異常
耳の閉塞感、難聴
後鼻漏
ヒステリー球
嚥下障害
後頭部の鈍痛、重々しさ

重要なのは「頭蓋はモノコックではない」という事です。
多くの医療機関で話を聞く中でこの事実は医師達が触れたくない内容だろうと感じます。
これを認めたところで彼らに是正する治療はありませんし、個人差がある中で「正常な状態」が分かりにくいこともあるでしょう。

整体は賛否あるので私はあまりお勧めしませんが、体の歪みがあれば、まずその是正は必須です。
左右の肩の高さを合わせるようにしての後ろ合掌を綺麗に出来るようにする事も改善へのマイルストーンとして良いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる