ここから本文です

電験三種 H24年 機械 問16の問題です。

tom********さん

2019/7/1407:57:47

電験三種 H24年 機械 問16の問題です。

https://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h24/kikai/h24k_no1...

この場合外部電源より内部誘導起電力のほうが高くなってしまうとのことですが、問題文にある負荷電流(電機子電流)110Aとはどちら向きに流れているのでしょうか?

外部電源より内部誘導起電力の方が高いという事は外部電源に向かって110A逆流しているということでしょうか?
その場合同期電動機ではなく同期発電機と変化しているという事でしょうか。

また、同期電動機を力率1で運転すると必ず誘導起電力の方が大きくなってしまうのでしょうか?

理解に苦しんでいます、どなたか教えて頂けないでしょうか。

閲覧数:
62
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iiw********さん

2019/7/1616:32:09

電験3種で合格するかどうかは
今現在の基礎数学のレベルにかかってきます。
微分積分が確実に出来、
ラプラス変換が出来るレベルなら基礎数学は必要ありません。

通信教育やネット教材はお勧めしません。
短期間でとれるといっているものの殆どは
誇大広告とマルチまがい品が多くトラブルが絶えません。
やる気さえあれば市販品で十分合格出来ます。

おすすめの教材

数学の基礎テキスト、数Ⅱはざっとで良い
(PHP研究所中学の数学「数式」を5時間で攻略する本 )
(旺文社 数学I・A 基礎問題精講)
(旺文社 数学II・B基礎問題精講―数列・ベクトル)
(旺文社 物理Ⅰ・Ⅱ入門問題精講)

上記のテキストは一通りこなし
下記のテキストは電気数学等で滞った際に確認します。

(旺文社 数学I・A 標準問題精講)
(旺文社 数学II・B標準問題精講―数列・ベクトル)
(東進ブックス 沖田の数Iはじめての2次関数)
(東進ブックス 沖田の数学1・Aをはじめからていねいに 方程式と不等式2次関数編)
(東進ブックス 沖田の数学1・Aをはじめからていねいに 三角比平面図形編)
(東進ブックス 橋元の物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編)
(中経出版 決定版 志田晶の ベクトルが面白いほどわかる本)

http://moguchan.sofinks.com/entry29


電験3種の場合、過去問を含めより多くの問題を
ひたすら解いて行った方が力が付きます。
とくに2種1次試験の過去問が解ける様になれば完璧です。

追記
過去問はお勧めしないと言う方が多いとは思いますが
まずは過去問をどうにかするしかありません。
過去問すら出来なければ当然応用問題や
ひねった問題は解けませんので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kou********さん

編集あり2019/7/1515:25:06

同期機と直流他励式電動機、発電機の場合は

電機子電流=負荷電流です。

電動機の場合は端子から電動機に電流が流れますが直流他励式電動機と同期機の場合は発電機と同じような等価回路ができるため、誘導起電力側が大きい値となり電機子のインピーダンスで電圧降下が生じ、定格電圧が小さくなります。
力率が1という事はベクトル図で定格電圧を基準に見ると同相です。そして図の下のようになります。力率が遅れると電機子電流は下側に行き、力率が進むと電機子電流は上側に行きます。力率が1ではないときは図の上にそってjXsIsinθとjXsIcosθを出して計算してください。

力率が「遅れ力率0<cosθ<=1」の場合は必ず誘導起電力の方が大きくなります。
逆に「進み力率0>=cosθ>=1」の場合は外部電源の方が電圧が大きくなります。これをフェランチ効果といいます。

同期機と直流他励式電動機、発電機の場合は

電機子電流=負荷電流です。...

ele********さん

2019/7/1418:59:11

_>外部電源に向かって110A逆流しているということでしょうか?
いいえ。

電動機の電機子には、必ず負荷電流が流れます。
負荷電流が流れ、そこにインピーダンスがあるのであれば、電圧降下は必ず発生します。
であるならば、誘導起電力を求めるには、電源電圧へ電圧降下分を加味してあげる必要があるのです。
インピーダンスがリアクタンスであれば、位相のある電圧降下分を加味するという事になります。
つまり、そういう意味をこの問題は言っています。

ただし、この誘導起電力を測り知る事はできません。
回答にあるような結果が、本当に発生しているのかは誰も分からないのです。
なぜなら、誘導起電力自体が電機子(コイル)に発生するものだからです。
電機子に発生する誘導起電力の中にリアクタンスがある訳ですから、これらを切り離す事ができないのです。
つまり、計測できない以上、理論上の話しであるという事になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる