ここから本文です

軽水炉と重水炉ってどう違うんですか?

huj********さん

2019/7/1415:50:43

軽水炉と重水炉ってどう違うんですか?

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ghw********さん

2019/7/1416:11:48

重水炉は、重水素と酸素を化合させた重水を利用する原子炉です。
濃縮していない天然ウランを燃料に使える。
他方、排出するプルトニウムから核兵器をつくるのが容易になる。

軽水炉は、普通の水を使う原子炉です。
軽水 H₂O を減速材と冷却材に使うタイプの原子炉の総称です。
日本では、米国で開発された「軽水炉」というタイプを使っています。
現在、世界中で稼働している発電用原子炉の6割強がこのタイプの原子炉です。

質問した人からのコメント

2019/7/20 19:35:21

なるほど、みなさん、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2019/7/1602:28:09

減速材っていうのは「中性子を」減速してウランに当たりやすくする材料です。

タービンを回すための水は冷却材です。

軽水炉は水が冷却材と減速材を兼ねてます。

cra********さん

2019/7/1519:47:43

減速材に軽水をつかうか重水を使うかが違う。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる