ここから本文です

西南戦争中に、西郷隆盛の側に立つ立志社の挙兵計画に加わった紀伊藩出身の人は誰...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1421:44:30

西南戦争中に、西郷隆盛の側に立つ立志社の挙兵計画に加わった紀伊藩出身の人は誰ですか

閲覧数:
17
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2019/7/1502:22:51

陸奥宗光ですね。
彼は幕末、紀州藩を脱藩して、土佐藩出身の坂本龍馬の海援隊にいたことから、土佐藩の人と関係が深かったのです。
たとえば海援隊時代の同志だった中島信行とは、後年陸奥が山県内閣の農商務大臣となり、中島が初代衆議院議長になったときにも政府と議会野党と「敵」でしたが、親友でもあったので、お互い協力しあっています。
また陸奥が農商務大臣のときの次官はやはり海援隊時代の同志だった石田英吉でした。

立志社の計画では大久保利通や伊藤博文など政府の要人の暗殺計画がありましたが、当の大久保がその報告書を机の中にしまってたので、陸奥は逮捕されませんでした。
大久保が暗殺されたときにその報告書が表に出て、陸奥は逮捕されて5年ほど投獄されています。
その後、幕末薩長同盟のときに一緒に奔走して以来、友人でもあった伊藤博文に引き立てられ、日清戦争時の伊藤内閣の外務大臣になっています。
ちなみに伊藤も陸奥が自分を暗殺しようとしていたことを知っていましたが、気にもしていなかったそうです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/7/1423:51:23

陸奥宗光。

しばらく刑務所に入っていましたが出所後に政界復帰し外相にまでなっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる