ここから本文です

男 1979/07/11 女 1979/08/28 この二人の相性占いお願いします!!

アバター

ID非公開さん

2019/7/1422:52:11

男 1979/07/11
女 1979/08/28

この二人の相性占いお願いします!!

閲覧数:
37
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k90********さん

2019/7/1621:28:28

干支同士の相性を調べてみました。

日柱は小吉
月柱は小吉
年柱は普通

十分、結婚可能です。
幸せになれますよ。

  • k90********さん

    2019/7/1621:43:48

    このおふたりは、ビジネスパートナーとしても最適でした。

    算命学の純濁法によると、
    男性は純1濁4
    女性は純4濁1
    (最大は5です)

    つまり、男性は平和時は弱いが混乱時は強い。
    女性は平和時は強いが混乱時は弱い。

    二人で商売やれば、成功間違い無しですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2019/7/1615:25:37

細木数子先生の「六星占術」を利用して回答させていただきます。
細木先生のテレビの話から引用して回答させていただきます。



*********************************


■御2人の相性


解説:男性【金星人-(未)】と、女性【土星人-(未)】の相性は、結婚に理想的な相性です。

解説2:詳しい内容は、細木先生の著書「六星占術による金星人の運命(2019年版)」、「六星占術による土星人の運命(2019年版)」、「新★自分を生かす相性 ・殺す相性」を読むと分かります。また細木先生の携帯サイトで確認出来ます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■来年(2022年)2月7日までの結婚・入籍

※年号変更予定があるため西暦表示あり。


解説:現時点から2022年2月7日までの期間、男性の運気は、好運気が続きます。結婚・入籍を直ぐ御考えでしたら2022年2月7日までの期間に、結婚・入籍をされることを御勧めします。

解説2:2022年2月8日から男性の運気は「小殺界」の「健弱」に入ります。

解説3:2022年1月1日~2022年2月7日までの運気は、2021年の運気になります。

解説4:2022年2月7日までの期間を逃すと、次は2023年2月8日以降の結婚・入籍になります。

解説5:細木先生の話によると2月7日を軸に1年の切り替えになるそうです。つまり2022年2月8日から2022年の運気が始まります。

解説6:女性【土星人-(未)】は、現時点から2021年2月7日までは、「大殺界」に入っています。しかし男性【金星人-(未)】の運気が好運気ですので、入籍・結婚をしても問題はありません。

解説7:細木先生の話によると入籍・結婚は男性の運気が重要になり、女性の運気は必要ないそうです。そのことから入籍・結婚をしても問題ありません。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■結婚の行い方の順序



○結婚・入籍について重要なアドバイスをさせていただきます。

〇細木先生が提唱する「結婚の行い方の順序」だけは、絶対に守った方が良いです。細木先生のテレビの話から引用して記載させていただきます。


1.神社で結婚式をする(お祓い等を含む式で1万円程度で出来ます。※神社によって金額に違いがあると思います。礼装で、御2人だけで行っても大丈夫です。神社に問い合わせをしてみると良いです。)。

2.結婚をする旦那様の実家の御墓に、旦那様と奥様が一緒に「結婚の報告」のお墓参りをする。

3.役所に「婚姻届け」を提出する。


★1~3を終わらせずに、別の会場(教会・海外・結婚式場等)での結婚式は、行ってはいけないそうです。

★別の会場(教会・海外・結婚式場等)での結婚式は、1~3を終えてからイベントとして行うには良いそうです。

★1.で神様から祝福されます。

★2.で旦那様の先祖から、夫と妻の両者を守る守護霊が2人につけられます。その守護霊が2人の結婚生活を守ってくれます。

★出来れば、奥様の実家のお墓参りもしておくと万全になるそうです。奥様の先祖からも御夫婦を守る守護霊が2人につけられます。でも必ず旦那様の実家のお墓参りの後にして下さい。

★この「結婚の行い方の順序」を守っていれば、いい子供が夫婦の間で誕生するそうです。

★細木先生が今まで「結婚の行い方の順序」をアドバイスした夫婦で、別れた夫婦は統計上1人もいないそうです。

★結婚の報告のお墓参りは12月31日、1月1日~1月7日までは避けて下さい。細木先生の話によると「結婚の報告」のお墓参りに限らず、お墓参りは12月31日、1月1日~1月7日までは行ってはいけないそうです。

★「お墓参り」について詳しいことをお知りになりたい場合・・・細木先生の著書「新版:幸せになるための先祖の祀り方」をお読みになった方が良いと思います。


*********************************


※また何か分からないことがありましたら、私宛に「知恵袋」で質問して下さい。情報提供致します。お待ちしています。

rel********さん

2019/7/1422:57:33

バッチリ!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる