ここから本文です

和小屋、合掌造、棟木造について説明してください。

aiy********さん

2019/7/1721:18:55

和小屋、合掌造、棟木造について説明してください。

閲覧数:
11
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ras********さん

2019/7/2421:06:24

和小屋は、小屋梁などに小屋束を立て屋根荷重を支える構造のこと。 用途としては、住宅で間仕切りが多く梁間が小さいものに用いられる。


合掌造りとは、木材を梁(はり)の上に手の平を合わせたように山形に組み合わせて建築された、勾配の急な茅葺きの屋根を特徴とする住居で、又首構造の切妻屋根とした茅葺家屋です


棟木造は初めて聞いたのでわかりません。
ちなみに棟木とは
屋根の一番高い位置で、母屋や軒桁と平行方向に取り付けられる部材で、棟木が取り付けられる瞬間を「上棟(じょうとう)」あるいは「棟上げ(むねあげ)」と呼びます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる