ここから本文です

将棋の阪田三吉さんは自分の名前と駒の名前と漢数字くらいしか文字が読み書きでき...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1808:37:20

将棋の阪田三吉さんは自分の名前と駒の名前と漢数字くらいしか文字が読み書きできなかったって本当ですか?

閲覧数:
38
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

son********さん

2019/7/1811:16:09

本人は亡くなっているし、真偽は分かりません。

書ける字は、「三」と「吉」と「馬」の3つだったって話です。
読めるのは漢数字読めるのだから、「一」も「二」も書けただろうと思いますし、他の文字も、もう少し書けたんじゃないかと思いますが、たぶん大げさに言っているのでしょう。

でもアラビア数字は読めなかったみたい。
『9四歩の謎』によると、大山十五世名人がまだプロになる前の十五歳の時、阪田と斎藤銀次郎戦の記録係をつとめたらしいです。そのとき、「英語で記録を書かんといてください、わからん。参考にするんやから」とか言ったといいます。アラビア数字を英語だと思ったようです。
そして大山に「将棋は日本のものや。英語なんかで書いて、あんた、そんな心がけでは強うなれまへんで。」とか言ったというんですね。
まあ、少なくとも棋譜は読めたということです。アラビア数字でなければ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mic********さん

2019/7/1809:01:23

そういう伝説はありますね。

伝説の中では、書ける漢字は自分の名前の「三吉」だけだった。しかも、その書き方は横棒を7本引いて、4番目の横棒の少し上から5番目まで中心に縦棒。6番目と7番目の両端を縦棒でつなぐ。という書き方だった。と言われています。

真偽のほどはわかりませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる