ここから本文です

ガソリンの危険性について。

wwo********さん

2019/7/1818:11:30

ガソリンの危険性について。

セルフスタンドには多くの消化器が置いてありますが、よくガソリンがこぼれたり、地面にガソリンなどが流れているのをよく目にします。

ガソリンは気化しやすいと言われていますが、地面からガソリンが乾いた後でも、やはり発火源があれば炎上、爆発するのでしょうか?

それとも、スタンドなどの地面?には気化しにくいような作りになっているのでしょうか。

もし静電気、その他の原因によって発火した場合、ノズルに火が移り大爆発の危険性などはないのですか?

閲覧数:
119
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/7/1820:33:30

だからセルフのスタンドは風通しがよく霧散しやすい構造になっているのです。ガソリンが気化してちょうどよく空気と混ざった状態を「引火性蒸気」といいます、締め切った室内などでガソリンが溢れると簡単に「引火性蒸気」の状態になりますが、屋外の風通しが良い状態だとそうなりにくいのです。ま、だからと言ってスタンド敷地でタバコ吸ったりしないでくださいね。

質問した人からのコメント

2019/7/18 21:24:56

皆さまありがとうございました。

「ガソリン 気化」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sup********さん

2019/7/1819:55:26

ガソリンは、一瞬で気化し拡散してしまいます。
給油中に給油口からモヤモヤと見える物が気化したガソリンです。勿論そこに火気を近づけると激しく燃焼します。
地面にすこしこぼしたとしても、一瞬で気化するので火は着きません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/1818:23:06

開放されている空間では「爆発」は起きません。だから、ガソリンスタンドは開放構造になってるのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる