ここから本文です

ボクシング:回避行動に関して 数あるディフェンスはみなさん使い分けています...

faa********さん

2019/7/2102:06:13

ボクシング:回避行動に関して

数あるディフェンスはみなさん使い分けていますか?

パリング、ブロッキング、スウェー、バックステップ、ウィービング、ストッピング、ヘッドスリップ、ダッキングなどなど種類はいっぱいあります。
よくボクシングブログとかで上手な人が「状況に応じて」とか「相手のパンチを見て」とかで使い分けているという話を聞きます。

でも実際は相手が打ってきてから「何を使ってかわそう」なんて余裕ありますか?
私は下手なので例えば、「次はフックを打ちたいから相手が打ってきたらダッキングしてフックにつなげよう!」、とダッキングに絞って相手のパンチを待っています。

つまりこの場合の選択肢は事前からダッキング1つだけです。相手がいきなりアッパーを打ってくるかもしれません。いきなりボディーかもしれません。でもこちらはダッキング待機状態なのでもしボディーが飛んできても被弾するか、かみ合わないダッキングの動きをするかもしれません。

みなさんはどうされていますか?事前に次使うのを私のようにあらかじめ決めていますか?それとも状況に応じてその場、その瞬間(飛んでくるパンチを見て)で数多くの種類から使い分けていますか?

閲覧数:
20
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nij********さん

2019/7/2218:36:14

私もカウンターを狙う時は待機することはあります。

要は防御から攻撃に繋げるやり方を予め決める「決め打ち」的なことだと思いますが、私はその頻度は低いです。それでも内心で準備をしていることはあります。

やはり状況に応じて反射的にディフェンスしていることが圧倒的に多いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2019/7/2212:13:15

違いますね
次のディフェンスは何を使おうと考えるのではない
反射神経が必要となり
体が反応します。

それとディフェンスは積み重ねの練習の中から出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる