ここから本文です

SNSとLineを知っている程度の知人を名誉毀損で訴えたいです。

アバター

ID非公開さん

2019/7/2901:00:03

SNSとLineを知っている程度の知人を名誉毀損で訴えたいです。

その方とは趣味のイベントで1度顔を合わせて挨拶をした程度、以後SNSでも相互フォローですが私はミュートしているので一切の関わりはありません。

しかし相手は頻繁に私をチェックしているようで、
私の方が人脈や趣味の私物が多いのを嫉妬しているからか、共通の友人から「こういう悪口を言われていた」という報告を何度か受けたことがありました。

そして本日「あいつは女好きで複数の女と怪しい関係だから気をつけろ」という内容のLineを共通の友人に送っていたのを、その友人から教えていただきました。


根も葉もない事ですし、友人は私をよく知っているからこそ否定した上で私に教えてくれました。
私はその相手を全然知らないのに陰で色々言われているのは心外です。

お互い大人ですし、今回はLineという証拠が残っているので法律に則って対処するのが得策だと思っているのですが、この程度の内容で訴えることは可能なのでしょうか?

賠償金を払わせるのが目的なので、弁護費用なのでほとんど取り分が残らなくても構いません。
また、時間もかかるものなのでしょうか。

閲覧数:
73
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sak********さん

2019/7/2905:50:54

LINEだけでは要件である「公然と」を満たしません。

名誉毀損罪が成立する要件は、
・社会的評価を下げる言動
・その言動が誰に関するものなのか特定可能である
・公然の場であること

「その事実の有無にかかわらず」とある通り、誹謗中傷の内容が事実であるかどうかは問われません。
つまり、その内容が嘘の場合も事実の場合も名誉毀損が成立します。

【名誉毀損罪
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。(刑法第230条)】

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fdjpyp3638さん

2019/7/2902:16:23

名誉棄損の罰条構成要件は「公然事実を適示し名誉棄損させた」が絶対条件で安易に人は何か有ると「名誉棄損で訴えてやる」と言いますが、名誉を棄損するような文面を不特定多数の者に送付したとか、WEBで上げたりすると名誉棄損となりはしますが、結構難しいものです。

おっしゃられてる内容ですと、訴追はまだ無理かと思われます。

公然性が絶対条件です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる