ここから本文です

バカとはわかっていますが質問させていただきす。

アバター

ID非公開さん

2019/7/2207:47:06

バカとはわかっていますが質問させていただきす。

君の名はであったティアマト彗星はなぜ地球に落ちたのでしょうか、近日点での速度をハレー彗星の198,000kmと置き換えると普通そのまま彗星と近い軌道にのると思うんですがどうしてなのでしょうか?

閲覧数:
89
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/7/2211:54:33

彗星の主成分は水が固体化した物
ようするに”氷”です。

巨大な”氷”の塊
それが彗星です。

この巨大な”氷”の塊が
太陽に近づくと
表面の氷が解けて水や水蒸気となって
吹き出します。

この時に噴出した蒸気や水滴が
太陽光線を反射する事で
「彗星の尾」と呼ばれる物が現れるわけです。

要するに簡単に言えば
あの「尾」は沸騰したヤカンから
吹き出す水蒸気と似たものなんです。


しかし厳密には彗星は
純粋な”氷”ではありません。
よく言われる例では
「泥だらけの雪だるま」と言われるように
その氷の中には
宇宙の塵や大小さまざまな星間物質(岩石など)が
その中に閉じ込められています。

映画「君の名は」の彗星にも
そういった不順物
(それもかなり大きな岩石のような物)が
含まれていたという設定だったのではないでしょうか?

上記したように
彗星は太陽に近づくことで
表面が解けて「尾」を出します。

当然、この時に彗星内に閉じ込められていた物質も
この「尾」と一緒に宇宙空間に噴出されるのです。

余談ですが
「〇〇座流星群」と呼ばれる物は
過去に彗星が通過した時に
この「彗星の尾」と一緒に宇宙に噴出した
彗星の中にあった不純物が
たまたま地球の公転軌道上に残っている事で
地球が年に1度そこを通過する際に
その残されている「彗星の不純物(だった物)」が
地球の引力で大気圏に落下し燃え尽きることで
大量の流れ星を発生させるという物です。

そうした「彗星の落とし物」的な物には
ごく稀にですが
(その物質の大きさと成分によっては)
地球の大気で燃え尽きないで
地上まで落下する物もある訳です。

作中の彗星から分離した物は
恐らく、そういった「彗星の落とし物」の類で
たまたま、それが成分や大きさ的に
地表まで到達できてしまう物であり
それが地球を通過する際に
運悪く彗星から切り離されてしまい
さらに運悪く地球の落下軌道にのってしまった
・・・という設定のものだったのではないでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ideasさん

2019/7/2323:54:53

SF考証してみましょう。

まず落下した隕石(隕鉄?)は彗星分裂の数日前には彗星核から分離し衝突軌道に乗ってた可能性が高いです。落下した隕石を含む複数核で構成されてたティアマト彗星は核の一部が分離したために不安定になり地球近傍まで来たとき二つに割れたんですね。

物語では彗星分裂はニュースにはなってましたが割れた片方が地球衝突コースにあるという報道はなかったと思います。

で、隕石は正確に糸守町の宮水神社に激突した。宮水神社の巫女は代々意識を未来に飛ばして未来情報を得ると言う超常の力(まあエスパーですよね)を宿していた。

これはもう狙われたってのがハッキリしてます。糸守湖が隕石湖であるということから過去にも何度か攻撃されてたのが分かります。彗星を隠れ蓑にした質量攻撃です。

「幻魔大戦」みたいな感じ? 超能力者の排除という宇宙意思的なナニカ…。

過去の災厄からはなんとか逃げ延びたけど今回は伝承が失われてたためにティアマトが空に現われても逃げずにいたため宮水の巫女たちは一度は全滅してしまった。

でも彗星が割れると言うのは攻撃側にとっても予定外だった。それを見た巫女の三葉は能力を覚醒し3年後に未来情報を「瀧くん」という実体ごと召喚(タイムスリップ)するというタイムループを発生させてしまう。

このおかげで図らずも全住民生存という平行世界が実体化し既存の世界に干渉して過去改変が自動的に行われてしまったと思われます。干渉は完全に消滅してなかったらしく三葉と瀧くんは意識を交換してたときの記憶をわずかに残しているらしいです。。


と、まあこんな裏設定があったかもしれない。ナカッタカモダケド(T_T)/~~~

プロフィール画像

カテゴリマスター

wil********さん

2019/7/2312:49:28

フィクションだから、に尽きます。
おっしゃる通り、核が分裂しても軌道は大きく変わりません。
ティアマト彗星と地球の軌道が交差しており、核の分裂が地球のかなり手前(木星軌道ぐらい?)で起きれば、ティアマト彗星の近地点通過後に分裂した核が地球に衝突します。
小天体が地表に到達するために必要な大きさは、岩石で20m以上です。彗星は水分が多いので50mぐらい必要かと予想します。最大でも数㎝の流星の素とは文字通り桁が違います。

ofn********さん

2019/7/2211:39:11

ちなみに彗星を起源とする地球落下物の代表は、季節の折々に見られる「〜流星群」と呼ばれるものです。

wes********さん

2019/7/2210:52:09

普通に彗星の軌道を回っていても、その軌道と地球の軌道が交差していれば衝突します。ティアマト彗星の場合は地球のすぐ近くをかすめるような軌道を通っていたのが、分裂した時に横方向への大きな力がかかって軌道が変わったと考えられます。

ただまぁ、同じ場所に何度も彗星やら隕石やらが降ってくるというのは普通ならありえない事なので、人工天体だった可能性もあるでしょう。なお、劇場公開時は物語中のテレビに映ったティアマト彗星の軌道が太陽の周りを回っていないように描かれていましたが、後に発売されたDVDなどでは普通の彗星と同じような軌道に修正されています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/2210:40:37

地球に落ちてきた彗星など過去にいくらでもある
地球の軌道面に彗星が重なっただけですよ

だいたい架空の彗星を持ち出されてもね、近年では木星に彗星が衝突しています

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる