ここから本文です

なぜ、箱根登山鉄道のモハ1形103+107が引退したのですか? 箱根登山鉄道の看板...

けい太くんさん

2019/7/2320:49:07

なぜ、箱根登山鉄道のモハ1形103+107が引退したのですか?

箱根登山鉄道の看板車両だから、残してもよかったとは思いますが。

モハ2形110も引退したし。

閲覧数:
61
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/7/2322:56:31

100年以上の歴史がある車両で(途中改造をしたので原形をとどめていませんが),登山電車といえば思い浮かぶ車両ではあるのですが,次のような理由から廃車となったものと思われます。

・非冷房車であり旅客へのサービスとして時代にそぐわない
・つりかけ駆動でうるさい(マニアにとっては嬉しいかもしれませんが,一般の旅客にとっては「うるさい」列車です。実際,窓を開けて走ると車内アナウンスが聞き取れないことがあります。
・バリアフリー対応ができていない(車いすスペースがない,最新のアレグラ号は運転席の後ろ部分に車いすが置けます)
・外国人対応ができてない。一応,肉声の放送と自動放送があるので外国人には最低限駅名などが伝わるかとは思いますが,ディスプレイに多言語表示で案内が出た方が親切です
・入生田の車庫に余裕がない。動態保存という形で走らせれば楽しいでしょうが,入生田の車庫やその他留置線など登山線内に余分な車両を置いておくスペースはありません。小田急と軌道の幅も違うので,小田急の車庫にもっていくこともできません。

個人的には103ー107は好きな車両でしたが,正直なところ窓が大きくて乗り心地が良くて,冷房が効くアレグラ号(3000形)の方が良いかなと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hiroさん

2019/7/2321:01:15

老朽廃車でないかと?

man********さん

2019/7/2320:56:31

そもそものモハ2形は
その2両が引退しても4両が残っている

それに看板車両ってアナタだけが勝手に思っているだけ
普通の利用者からしたら最新車両のほうが遥かに有り難い

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる