ここから本文です

ビザンチン帝国の滅亡後、皇帝の一族はどうなったのですか?

ハミングバードさん

2019/7/2718:11:00

ビザンチン帝国の滅亡後、皇帝の一族はどうなったのですか?

補足回答をくださった皆様、ありがとうございました。

閲覧数:
30
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2019/7/2718:36:09

1453年5月29日未明、メフメト2世率いるオスマン軍との2ヶ月にわたる攻防戦の末にコンスタンティノポリスは陥落し(コンスタンティノープルの陥落)、コンスタンティノス11世は戦死。東ローマ帝国は1000年、古代ローマ帝国から数えれば2000年以上という長きに渡ったその歴史を終えることとなった。

なお、帝国の滅亡後も、1460年までコンスタンティノス11世の兄弟であるデメトリオスとトマスがペロポネソス半島のモレアス専制公領に拠って抵抗していたが最終的にはオスマンに降伏。トマスはイタリアへ亡命し、その娘ゾエ(ソフィア)はモスクワ大公国のイヴァン3世に嫁いでパレオロゴス王朝の血統をロシアへ伝えた他、一部の子孫が現在でもイタリアやイギリスで生活しているという。

Wikipediaの「パレオロゴス」王朝より。


ソマスの家族と子孫に関して

ソマスと妻カテリーナ・ザッカリア(1462年8月26日没)の間には以下の息子2人と娘2人が生まれた。
長女エレニ・パレオロギナ(Helene Palaiologina, Ελένη Παλαιολογίνα, 生年不明 - 1473年11月7日) 1446年12月にセルビア公ラザル・ブランコヴィチ(在位:1456年 - 1458年)に嫁ぎ、3人の娘を産んだ。マリア=イェラチャ セルビア公(在位:1458年 - 1459年)・ボスニア王(在位:1461年 - 1463年)スティエパン・トマシェヴィチの妻。
ミリツァ イピロス専制公(在位:1448年 - 1449年)・ケファロニア伯(在位:1449年 - 1478年)レオナルド3世トッコの妻
イェリナ アルバニア君主スカンデルベクの息子ギオン・カストリオトの妻

長子アンドレアス(Andreas Palaiologos, Ανδρέας Παλαιολόγος, 1453年1月17日 - 1502年6月) 父の没後ローマに渡り、ローマ教皇より専制公称号を与えられ、枢機卿ヴィサリオンの庇護下にカトリック教徒として育てられる。後に自ら「ローマ皇帝」を称し、その称号をフランス王シャルル8世に売却するなどして十字軍運動を呼びかけたが功なく、自らはローマで放蕩の人生を送り、1502年に死去した。ローマの町の女カテリーナと結婚し、コンスタンディノスという名の一人息子を残したとされるが、その詳細は不明である。
次子マヌイル(Manouel Palaiologos, Μανουήλ Παλαιολόγος, 1455年1月2日 - 没年不明) 兄と共にヴィサリオンの許で育てられるが、その死後はローマを去って、既にオスマン朝の首都となっていたコンスタンティノポリス=イスタンブールへ赴き、スルタン・メフメト2世から所領を与えられて余生を送った。没年は不明だが、バヤズィト2世(在位:1481年 - 1512年)の時代に死去した事は確実である。以下2人の息子を残した。長子ヨアニス(Ioannes, Ιωάννης) 父よりは後に若死にしたと伝えられる。イギリス・コーンウォールに残る、ソマスの子孫と目されるパレオロゴス家の始祖ヨアニスと同一と推測されている(ソマスの知られざる第3子の可能性も示唆されている)。
次子アンドレアス(Andreas, Ανδρέας) セリム1世に召し出され、イスラームに改宗してメフメトと改名し、宮廷官僚としてその生涯を終えている。

ゾイ(Zoe, Ζωή, 古典式慣例表記ではゾエ、1456年頃 - 1503年) 1472年にソフィヤと改名してモスクワ大公イヴァン3世と結婚し、モスクワが「第3のローマ」となるきっかけを与えた。モスクワ大公ヴァシーリー3世の母。

Wikipediaの「ソマス・パレオロゴス」(前述のトマスのこと)より。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/7/2722:11:36

あちこち流浪して子孫がいた。

イタリアで国葬にもなった国民的喜劇俳優トトの先祖がビザンチン帝国の末裔だったとか。

トト。本名アントニオ・ディ・クルス・ディ・ヴィザンツィオ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/7/2718:19:32

皇帝は死んだけど、姪のソフィアはコンスタンチノープルを脱出して、モスクワ大公のイワン3世の后になりました。

それ以降、ロシアの王はビザンツ帝国の継承者として皇帝を称するようになりロシア帝国が形成されていきます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる