ここから本文です

潤滑オイルのフラッシングとはどういう作業及びどういうオイルですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/2921:47:18

潤滑オイルのフラッシングとはどういう作業及びどういうオイルですか?

閲覧数:
37
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

azw********さん

2019/7/3007:17:46

潤滑オイルのフラッシングとはどういう作業及びどういうオイルですか?


粘度の低い

エンジンオイルを

洗い流す

オイル



適切なエンジンオイル交換を行っている場合は

あまり

お勧めいたしません

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kab********さん

2019/7/3007:12:24

オカルトグッズの類だよ。
意味ないし。

gir********さん

2019/7/3002:52:52

エンジン内部の特にオイル循環する場所の洗浄です。前人者が言ってる灯油に近く。灯油その物も洗浄液の代わりでよく使用するけどね。ただ余りやりすぎはNGですよ。エンジン内部はオイルを循環させて内部コーティングして摩耗や劣化を抑止するので折角良いオイル使ってるのにエンジン洗浄液使って油膜落としすぎてたら交換ないですから、ほどほどに使いましょう。

hta********さん

2019/7/3001:39:24

灯油オイルみたいなものです。
ショップはエンジンオーバーホール時によく灯油で油汚れを落とします。
その思考で、灯油オイル入れれば多少は内部を洗い流せるだろうという事。
それがフラッシング

dok********さん

2019/7/2923:53:51

かなり低粘度のオイルです。何か揮発油が入ってそうで、怖いですし、抜けきらない分があってイヤですから、私は使いません。
地道なオイル交換をしてないなら、新品のオイルを半分いれてアイドリングして交換します。新品のオイルは汚れ落としがつよいですから。(友人の車が、グリス状でバルブ周りに付着していてびっくりで、処理しました。)

won********さん

2019/7/2922:05:26

フラッシングとはエンジンオイルを抜き取った後に洗浄油のようなフラッシングオイルをエンジンに入れてアイドリングさせ、エンジン内部を洗浄することを言います。

こう書くと「いいじゃん!」と思うかも知れませんが、普段からオイル管理をサボっているエンジンでこれをやると、洗浄されて剥がれた汚れの固まりがオイルの吸い込み口やオイル通路を塞いで重大なトラブルの原因になることがあります。人間の血管に出来る血栓と同じです。

また、エンジン内部には古いオイルを抜き取っても古いオイルが1リットルくらい残るので、次に入れた新しいオイルがフラッシングオイルで汚されることにもなります。

普段からきちんとオイル管理をしていればフラッシングは必要ないというのが多くの意見です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる