ここから本文です

彼がロコイドをずっと使用しています。

maripu_sanさん

2008/12/417:20:05

彼がロコイドをずっと使用しています。

ステロイドが入ってるというので心配になりました。

10年近く顔に塗っているようなのですが、副作用などは心配ないのでしょうか?

医師の処方箋の上での使用だから問題ないのかな・・・とも思いますが。

閲覧数:
10,034
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

川井 太郎さんの写真

専門家

2008/12/914:50:31

「ロコイド」というのは、5ランク中下から2番目に弱いステロイド剤です。

ステロイド剤は、人工副腎皮質ホルモンですから過剰使用または長期間すると、副腎皮質ホルモン過剰状態とそれを抑制するためネガティブフィードバック(抑制的反作用)が起こります。

具体的に一般的によく見られる副作用症状を挙げてみました。

皮膚の萎縮
乾皮症ないし魚鱗癬様変化
毛細血管拡張
色素異常沈着
酒さ様皮膚炎(赤ら顔)
むくみ(特に顔)
倦怠感
うつ症状(気力低下、イライラなど情緒不安定など)
低血糖症状

また、ステロイド剤は元々免疫抑制剤ですから、ヘルペスなどの感染症の誘発および増悪も起こりやすくなります。

どうでしょう、思い当たるような症状はありますか?!


顔は人目にさらされるためどうしてもステロイド剤にたよる方がたくさんいます。

しかし、顔や陰部はステロイド剤の皮膚吸収率が高く、腕での吸収率を1とした場合、顔では約10倍、陰部では40倍の吸収率になると言われており、特に副作用(皮膚の萎縮、毛細血管拡張、色素異常沈着、酒さ様皮膚炎(赤ら顔)、むくみ(ムーンフェイス)など)が起こりやすい部位です。

10年近く顔に塗っているというのはかなり長期間ですが、これらの症状は出ていませんか?


ただ、やっかいなことにこのようなステロイド剤を急に中止すると、リバウンド症状(皮膚症状の悪化現象)が多かれ少なかれ起こるということです。

そのため現在、長期的にアトピーに苦しむ患者さんの多くがステロイド剤の安易かつ過剰な使用によって、かえってアトピーから抜け出せない状態、アトピーの蔓延化になってしまっています。

これらは当然医師の処方箋の上での使用されている状態ですので、「医師の処方箋の上での使用だから問題ない」というものではありません。

本来副作用と思われる症状が診られたら直ちに減量し、中止していくべきものです。しかし、残念ながら実際これができない先生も多いようです。


本来、体の症状や病気は、

その人の身体に備わる免疫力や新陳代謝能力などの自然治癒力(動物の本来的機能)によって治っていくもので、薬剤は一時的に症状を抑えて、この自然治癒力が適切に発揮されて治っていくのを待っているだけです。

薬剤自体が症状や病気を治しているのではありません。

くれぐれもステロイド剤の安易かつ過剰な使用にはご注意ください。


そして、本来、アトピーは体質的要因によるものですから、大切なことは本来の体の機能が適切に発揮できるように体質改善をしていくことでしょう。

もし、あなたの彼に副作用と思われる症状が出ていれば、少しずつ減量していくと共に、本来の体の機能が適切に発揮できるように体質改善をしっかり実行していくことをお勧めしたいと思います。

ご参考にしてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

川井 太郎さんの写真

川井 太郎

あん摩マッサージ指圧師

身体の歪みを改善してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに約5万人以上の施術実績があります。【「All About プロフ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。