ここから本文です

うつ病を発病した時のストレスがあまりにも強ければ、それくらい大きなストレスさ...

reo********さん

2019/8/823:05:32

うつ病を発病した時のストレスがあまりにも強ければ、それくらい大きなストレスさえ避ければ再発は防げると思いますよね?

閲覧数:
34
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/916:04:45

それは人それぞれでしょうね。
確かにその傾向はあるのでしょうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/8/920:20:59

ストレスではないものを、その人の考え方とか世の中の見方によって、ストレスに作り変えてしまう性格で、うつになっています。

ストレスを避けようとする時、大きくないストレスでも大きくなってしまう場合があります、原因は避けようとするために発生する予期不安からです。

うつが治った場合では、ストレスから逃げる事はなくなっています。ストレスから逃げ無くなる事で、又ストレスの耐性も高くなっているのかも知れません。

このストレスを、小さな不安と置き換えた場合では、パニック障害の治し方にも通じています。

小さな不安でさえも逃げの体制に入ってしまって、予期不安にさいなまれた場合では、薬をいくら処方されたとしても、又薬をいくら飲んだとしても、『不安から強く逃げようとしている事が、パニックの引き金になるかかも知れません。』

パニック障害も、うつにしても、逃げの姿勢が症状を予期不安として呼び寄せています。

うつの症状よ襲って来い!とかパニックの症状よ襲って来い!となったなら、もう症状が襲って来る事が無くなります。

症状を回避したり。逃げたりする態度が『症状を呼び寄せています。』


何年しても治らない人は『症状から逃げようととか、避けようとしかしていないからです。』その違いが判る時は治っています。


『うつの症状よ襲って来い!とかパニックの症状よ襲って来い!となったなら、もう症状が襲って来る事が無くなります。』

症状を受け容れる事が出来た時が完治する時です、何故なら『もう二度と症状に悩ませられる事が無くなるからです。』

その理由とは『症状を心から受け入れる事が出来たからです。』是が完治というメカニズムになっています。

逆な言い方をするなら『人間の苦しみは、受け入れるまで続く』という事を意味しています。


従って、うつ病を発病した時のストレスがあまりにも強ければ、それくらい大きなストレスさ...

うつ病を発病した時のストレスがあまりにも強ければ、それくらい大きなストレスさえ避ければ再発は防げると思いますよね?

『 はうつになるための心がけを説いているようです。』

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nas********さん

2019/8/902:04:11

拝見させて頂きました。
それもひとつの答えだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる