ここから本文です

中国語は声調言語ですが、日本語と朝鮮語は声調言語ではないですね。昔から中国の...

imm********さん

2019/8/923:04:19

中国語は声調言語ですが、日本語と朝鮮語は声調言語ではないですね。昔から中国の影響を受けてきた日本と朝鮮はなぜ声調言語を取り入れなかったのでしょうか?

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ll_********さん

2019/8/923:15:37

日本語も朝鮮語も声調言語ではないため、別の言語を取り入れたとしても、それは日本語や朝鮮語の言語体系として取り入れるため、日本語化、もしくは朝鮮語化します。

英語はアクセントを重視しますが、日本語の中に英語由来の言葉が取り入れられるとアクセントが無視されます。
複数子音や子音で終わる単語も英語は多いですが、日本語に取り入れられると日本語の言語体系の中で取り入れられるため、日本語としてある音に置き換わります。

同じように中国語が声調言語であっても日本語に取り入れられる時は日本語に声調がないため、声調が無視されます。

比較的最近入ってきた中国語のピータンやチャオズなどの言葉もカタカナで書かれても声調は無視されています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる