ここから本文です

戦国時代最初の下剋上は何ですか?

1KOPさん

2019/8/1500:48:01

戦国時代最初の下剋上は何ですか?

補足細川晴元の実権を三好長慶が奪ったこと??

閲覧数:
38
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sto********さん

2019/8/1504:14:21

下剋上という言葉自体は、南北朝時代から使用されており質問趣旨が戦国時代最初の下剋上は何かという問いなので、私は明応の政変(1493年)であろうと思います。

管領細川政元が10代将軍・足利義稙(義材)を廃し、新たに足利義澄(義遐)を将軍に擁立したクーデター事件が明応の政変ですが、この政変によって幕府権威が崩壊し戦国時代に突入したと見做す説が優勢なので、最初の下剋上に相応しいのではないでしょうか。

補足について
阿波の一国衆に過ぎない三好長慶が、細川京兆家当主に代り実権を握りやがて三好政権を築いた行為も下剋上ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kop********さん

編集あり2019/8/1509:42:00

北条早雲。

堀越公方を退治。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/8/1501:16:05

もっとずっと早い段階です。
1482年の山城惣国一揆で、山城の国衆が、
管領家の畠山氏の追放を宣言した事でしょう。

国衆は守護の命令に逆らわないのが、室町幕府の秩序です。
それが、国衆の合議で、幕府の許可も無く、守護の追放を宣言した、
という事で、幕府の任命した守護大名の威厳は失われます。

次いで、1487年幕府の意向に従わない、南近江の守護大名、
六角定頼を9代将軍足利義尚が討伐すべく、親征の軍を起こします。
しかし、征伐は1年を経ても一向に進まず、
将軍義尚は、陣中で急死してしまい、
結局、親征は幕府方が撤退し、敗北に終わってしまいます。
これによって、将軍家自体の権威も失墜し、
このふたつの下克上事件が、全国に波及して各地で、
旧体制が崩壊を始めるのです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる