ここから本文です

精神的な豊かさと経済成長は相容れないものなんでしょうか。 バンコクに旅行へ...

lae********さん

2019/8/1700:53:47

精神的な豊かさと経済成長は相容れないものなんでしょうか。

バンコクに旅行へ行ってきました。
豊かさとは何か、考えさせられました。

バンコクの街をひたすら歩いて、一般庶民の住環境

は決して良いとは言えない状況でした。ここに住めと言われたらほとんど無理です。
経済が成長しているとはいえ、庶民の生活水準は日本と比べて大きな差があることをこの目で見ました。

一方で感じたことは、この国の人たちはストレスがなさそう、大らかで、不幸せそうには見えませんでした。イライラしてる人に会いませんでした。

下品な内容で恐縮ですが、タイのゴーゴーバーで遊んだ女の子たちも卑屈そうな様子はありませんでした。朝まで一緒にいた子は楽しそうにしてました。(行ったことある人ならこの感覚が伝わると思います。)

あるゴーゴーバーのおばさんは「昔は私も踊ってたよ。」と楽しそうに話してくれました。
日本では一般的にこのような仕事は「後ろめたい仕事」に属するでしょう。
でもタイでは違っていました。
こうするべき、こうあるべき、という強迫観念が無いのかなと感じました。

精神的な豊かさと経済成長は相容れないものなんでしょうか。
海外を見て日本はすごいと感じることは多々あります。でも同時に実はすごく生きづらい国なんじゃないかと思うこともあります。

海外経験のある方など、ぜひお考えをお聞せていただけたら嬉しいです。

閲覧数:
72
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bbz********さん

2019/8/1705:14:07

確かにまだ日本に近いレベルに果たしてませんが
20~30年前と比べると飛躍的に生活水準は上がってますよ。

>タイのゴーゴーバーで遊んだ女の子たちも

これは日本人の感覚だからです。
貧しい国の人たちって日本人からしたら信じられない
ような生活をしているのですが、彼らにとっては
それが”当たり前”の世界なのです。
日本のスタンダード=世界のスタンダードではないのですよ。
それに日本でも”キャバ嬢”とか呼ばれてホステスが
認知されてるじゃないですか?
以前なら考えられない事です。
身体は売ってないと思うかもしれませんが、
現実はそうではないですよ。

BKKの話をしていますが、アメリカでも貧しい人たちって
日本の貧困のレベルじゃない生活をしてる人って沢山いますよ。
因みにタイの貧しさはフィリピンのとは比べ物になりません。

>「後ろめたい仕事」に属するでしょう。
>でもタイでは違っていました。

いえ、思われてますよ。でも、生きるか死ぬかの世界で生きてる
貧しい人たちにとっては、そんな事は気にできないのです。
なので、中級クラス以上の人たちからは同じ人間扱いをされてません。

大金持ちでなくとも日本である程度の生活ができるくらいの
経済力がある人ならタイって精神的にも満足できる国だと思います。

>すごく生きづらい国なんじゃないか

価値観の問題ですね。細々とでも余計なストレスが無い
生活がしたい人ならタイなどは良いと思います。

余談ですが”アココ”で女性を買うのは止めた方が良いですよ。
高確率で病気貰います。ゴムは無意味w

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ora********さん

2019/8/2000:33:59

相容れないことはないと思います。
経済成長というのは、そもそも人々の潜在能力が解放されていく過程のことです。
いままで不可能だったものが設備投資や人材投資などで可能になる、そのことによって生産量が拡大し、所得が増加する。
所得が増加すると、私達は嬉しい気持ちになったり、気分が高揚したりします。
つまるところ、人は自分の能力が最大限発揮された思うと「生きていてよかった」とか「幸せだ」などの精神的豊かさを感じるのではないでしょうか。
日本は高度経済成長を経て経済大国になり、その過程で「国民一人一人の可能性の最大限の発揮」が謳われてきました。
ただ、ここ20年は経済成長にブレーキがかかり、能力が発揮できる機会が失われているんだと思います(いわゆる失われた20年)。
「生きづらさ」というのは「本当はそれなりの力を持っているのに、なかなか発揮できる機会に恵まれない」という悩みから生まれるものではないかと思います。
一方でタイのお話ですが、タイの失業率は非常に低いと聞きました(日本よりも低い)。
これは、タイに住む人々がなんらかの形で自分の能力を発揮させようとしていることの表れなのだと思います。
日本とタイの生活水準には大きな差はありますが、それはこれまでの経済成長の蓄積の差だと思います。
日本はタイに先行して経済成長を成し遂げましたが、近い将来タイも現在の日本の生活水準に到達するのではないでしょうか。
いずれにしましても、経済成長には精神的豊かさと全く相容れないのではないと思います。

Hazureさん

2019/8/1920:09:52

「精神的な豊かさ」の定義は難しいですが、ストレスが少ないのは確かですね。

粘着質な人が少ないですが、それは逆に言えば「こだわり」や競争心が低いという事でもあり、社会の発展が遅れます。

日本人なら「ナニクソ」とか「ここをもう少しああした方が・・」となるところで、「マイペンライ」とか「ポーレオ(もう充分じゃん)」になりがちです。

一長一短ですが、日本人に生まれてしまった以上、日本人らしくある事を内外から期待されるので、マイペンライではやっていけない部分がありますね。

2019/8/1916:15:25

おっしゃることはよくわかります。
自由にのびのびと生きづらい面はありますよね。
日本は個人主義社会ではなく全体主義社会であるせいだろうと思いますが。
家庭も学校も会社もどこも。

rai********さん

2019/8/1904:19:13

≫この国の人たちはストレスがなさそう
我慢をしないのです。精神年齢が低いのです。だから禿が少ないです。

日本の方が絶対住みやすいです。

pat********さん

2019/8/1716:01:40

タイに住んでましたが、女同市の嫉妬心からくる争いや男女間の嫉妬心、裕福な人への嫉妬、貧乏人への蔑視、一見自由に見えながらのゲイやレディーボーイへの差別、身体を売る女性への蔑視、インド、アフリカ、アラブ系への嫌悪感などなど‥は日本の比ではないとおもいます。

それを赤の他人にさとられないようふるまう技術も超一流なんで、今の感覚をあまり信じないほうがいいと思いますよ。

それだけ素直で感情のままでややこしくないとはいえますが‥

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる