ここから本文です

常識と非常識の定義、境目は何ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/8/1719:49:43

常識と非常識の定義、境目は何ですか?

過半数の意見なら常識。過半数未満なら非常識で大丈夫でしょうか?

51%の人がそうだといえば常識。
49%の人がそうだと言っても非常識。

自分がそうだと思っても他人は違うと思う。

客観的な判断は過半数で決めるしかないのでは?

主観的な判断では決めれませんよね?

閲覧数:
60
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2019/8/1814:48:15

大丈夫ぢゃあないな。そりゃ多数決ごり押しに毒され、言葉の文化も知らずに捻じ曲げる、つまらぬ我欲むき出しの感情ロンだ。


客観は主観とは別に存在するからこそ主観と区別される。
そもそもそれは非生命と生命を区別するところに発している表現なのだ。

主観が認知しなけりゃ存在しないからすべては主観、なんつうような自己中屁理屈は大昔からのカルト宗教の中心教条だ。
そういう人間であっても、その人間の主観が認知しないナヌかで死んでいく。

客観を主観で決めるなんざ混乱の極みの愚の骨頂、大脳の萎縮減退そのもの。
理解が足らんから無いことにしちまえという、ショートショートコントにしかならんものだ。


そもそも常識、非常識と、客観、主観は関係ない。客観的常識、客観的非常識、主観的常識、主観的非常識それぞれがごまんとある。

常識の「常」は永遠を意味せず、「日頃」などの生活時間感覚の中で変わりがないという意味だ。またそれが転じて、身の回りの社会の人々と同様でありふれている、という日常感覚を表す。

「識」は識見。物事の仕組みを知り見分けることだ。

従って常識は日常的に変わりがないありふれていることの仕組みを知り見分ける「とらえ方」を指す。

難しい言葉で言えば、日常を認識するときの物事の把握の方法論としてありふれているもののことだ。

そいうものは、知識の多い少ない、その種類の別、生まれ育ちの環境、などで変化する。特に仕事の種類や生活環境などでそれに見合った異なる常識が生まれる。年齢による立場の違いでも変わってくる。

そうした違いの中でも共通の普遍的なものは、常識中の常識というものだ。

だからといって必ずしもそれが、生きていくうえで、ましてや大自然界の中で正しいとは限らない。
というより、正しさの概念はそもそも含んではいない、ただの「現象論(結果論ともいう)」だ。

常識は単に、社会の中で、あるいは社会の中の集団の中で、共通のものとして持たれている物事の把握の方法論だ。それは社会の中のすり合わせの結果生まれでたものだ。

それに価値がないということではない。むしろ社会がまとまる上では、社会にとって大いに価値があることが多い。


だがそれが例えば将来的にも社会が存続できるかどうかなど、様々な価値観点からみてその意味で正しいかどうかとはまた別のことである。

ゆえに常識というものは、ただ単に「自分が属する社会集団で」「ありふれた物の見方」だと思っておけばよい。

しかしながら、その「ありふれた」は数の多さには関わるが、身の回りの小集団の中での「多いんじゃないかなという感覚」でしかない。
それがさらに大集団ではどうかなんかは全くわからない。

そういうものだからこそ「常識を疑ってかかる」ことは視野を広げるのに有効だ、という「諫め」「心構え」が生まれる。
だが疑うことが絶対だというのではない。逆に疑うことなくひたすら従う、信じる、ということも絶対ではありえない。


人類が明らかに出来た事で、主観の思い込みで捻じ曲がることがないただ一つのことは、大自然界の掟だ。
それはただ単に掟の結果として現れる地球気象変動のようなことを言うのではない。

人間と社会を含む大自然界の因果と関係性の物事の原理のことだ。それが人間活動の結果、どんなことが地球に起こるかを教える。

その自然界の連鎖的事象は人間脳の思い込みだけで変えることはできない。その仕組みを知ったうえで、それを応用した物理的働きかけだけが、物理的変化をもたらせる。

現代文明社会では、著しい科学技術文明によって、いやでも日常生活の中でそれを実感し、それによって現代的な常識が形成されつつある。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cam********さん

2019/8/1816:52:48

ご質問のキ-ワードは「線引き」なんでしょうね。

ひとつはTPOを弁えるというのが目安です。TPOは具体的現実ですから、環境その他諸条件の影響を踏まえた考慮が成されているので、線と言っても幅が出て来ます。幅は線がぶれることで出来ますが、線のぶれ方次第で幅の移動もあり得ますね。

pet********さん

2019/8/1815:36:07

その51%と49%というのは例として極端で、稀と言ってもいいケースです(変動することが見込まれます)。
過半数を客観とすれば客観なのであり(もともと主観も客観も実在するものではありませんから主観と客観とは対概念なのであり、対概念とは、互いに対立するものがあって、それぞれが存在として成立するのです)、
それより、生じる問題(疑問を含め)というのは様々個別にあるのであり、そのそれぞれに判断の仕方というものがあるわけです。
「常識に」囚われず、なんなら過半数を参考にしたり、利用すればいいです。

twe********さん

2019/8/1719:55:54

過半数じゃなくって7~8割じゃないの?

んで、境目はない(・o・)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる