ここから本文です

Nゲージのレイアウトを作りました。 周回する楕円のレイアウトです。 TOMIX フ...

ach********さん

2019/8/2021:16:13

Nゲージのレイアウトを作りました。
周回する楕円のレイアウトです。
TOMIX ファイントラックを使っています。

この周回で、反時計回りは問題なく走行できるのですが
時計回りは走行不良でとまってしまいます。

止まっ

ても、ヘッドランプやルランプは点灯しています。
パワーユニットのグリーンのランプも明るく点灯しています。

指でつつくと動きますが、時計回りは全体に速度も遅くなる
傾向があるように感じます。

レイアウトには、複数のポイントがありますが、
止まる場所はポイントとは無関係のところです。

レールを入れ替えても同様の現象がおきます。

原因を突き詰める方法をご教授ください。

閲覧数:
70
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sn_********さん

2019/8/2714:16:55

片方向だけ正常に走れないパターンで考えられるのは…

・レールのつなぎ目などに、段差がある
・勾配

だいたい、このどちらか。
どちらも、「高い方から低い方」は正常に走れますが、「低い方から高い方」で走行不可能になりやすいです。

まず勾配は、下り勾配は問題無くても、車両の登坂能力を超える上り勾配は登れません。
同じ勾配でも、カーブがきついほど走行抵抗は大きいようです。
長い編成で動力車が1両の場合、影響が大きいですね。
TOMIXの高架橋付きレールは、勾配橋脚の位置を自由に決められるため、あまりに急勾配だと当然、登れなくなることはあります。
解決方法は、勾配自体を緩やかにするか、編成の動力車を増やす。
勾配は、おおむね4%勾配までなら登れますが、それで登れないなら、車両側で対応したほうが良いケースが多いでしょうね。
レールに汚れ等があり、滑る場合は、レールのクリーニング。


段差は、その段差部分で車輪や台車などの下部構造物が引っかかることがあります。
場合によっては、踏切(の踏み板)や、リレーラーレールに引っかかることもある。

段差が生じるのは、レール自体が歪んでいる場合や、床など線路を置いてある場所の影響を受けてしまう。

製造上の個体バラツキで、どうしても相性が発生してしまうことがある。
特に、動力台車はギア等が入っている構造上、レールの路面ギリギリなので、附随台車より引っかかりやすい。(端部を軽くやすりがけして、斜めにすれば引っかかる可能性は低減できる)

分割式の半固定レイアウトの場合、分割の境界部分は段差を生じやすい。

レールの歪みによる、いわゆる「なじませ繋ぎ」をする場合、つなぎ目に段差を生じることがある。

お座敷レイアウトの場合、床の段差の影響を受けたり、和室なら畳に置いたりすると、畳は意外と凹凸があるので、その影響を受ける。
フローリングの床なら、それほど影響は受けないでしょうが。
テーブルや机をいくつも並べる場合も、高さが違っていて段差を生じることがあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ファイントラック」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

loo********さん

2019/8/2111:52:46

片方向には正常に走行していることから、電気的な原因ではなく物理的な原因によるものではないでしょうか?
例えばレイアウターで作成したプランではなく実際の製品をなじませ繋ぎで繋いでいった場合、レール接続部分でストレスが掛かかっていきます。
結果、カックンとしたレールの流れになり、片方向の車輪通過には影響がなくとも、反対方向には抵抗が掛かり止まってしまうことがあります(経験アリ)。
楕円とのことで、おそらく曲率の異なる複数のレールで構成されていると推測しますが、滑らかなカーブが描けているか確認し、もしカックンとした接続があれば線路の組み合わせを変えるなど修正してみて下さい(もしくはレイアウターを使って過度な無理ではない接続となる組み合わせにするか)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ss1********さん

2019/8/2108:50:05

どの動力車でも、それをどちら向きに線路上に置いても、その現象が起きますか?

チェック方法としては、車両を置かずにパワーパックの出力を最大にして、左右のレール間の「直流電圧」を測ってみることです。

もちろん、途中でディレクションスイッチを操作して、逆電圧の場合もです。

これでテスターの指針が12Vを指しているなら異常はないわけですが、そういう走りをするからには、何らかの不具合があるはずです。

それで、ピンポイントで不具合の発生場所が判ります。

で、次にテスターを抵抗モードに切り替えて、パワーパックから不具合地点までの核ジョイナーの抵抗値を測ってみましょう。(この時は、パワーパックはOFF)

Tomixのジョイナーは導通不良を起こしやすいので、少しでも抵抗値がある場合(普通はほぼ0Ω)な、そのジョイナー(別売りあり)を交換するか、接点復活剤を滴下するかして、改善を図ります。

なお、固定式レイアウトでジョイナーの交換が困難な場合は、実物の線路と同様にジョイナー部のレールをボンド線でつないでやるのが、最も確実な方法です。

ボンド線は、Φ0.5mm程度の真鍮線を半田付けすれば十分です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる