ここから本文です

国際連合に1945 年に加盟しているヨーロッパの国は14カ国でしたが、2007 年には51 ...

osx********さん

2019/8/2801:00:03

国際連合に1945 年に加盟しているヨーロッパの国は14カ国でしたが、2007 年には51 カ国になっているのにはどんな背景があるのですか?

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2019/8/2801:26:58

●1991年に「ソ連」が解体した時、15カ国の「独立国」に分かれました。

(アゼルバイジャン・アルメニア・ウクライナ・ウズベキスタン・エストニア・カザフスタン・キルギス・グルジア(ジョージア )・タジキスタン・トルクメニスタン・ベラルーシ・モルドバ・ラトビア・リトアニア・ロシアの15か国)

●1993年には、「チェコスロバキア」が「チェコ」と「スロバキア」に分離。

他、色々と独立国が増えました。

質問した人からのコメント

2019/8/29 01:15:57

ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる