ここから本文です

「「信じる」ということについて、これを否定的にみるのが、理性的立場であるとい...

twe********さん

2019/8/2109:57:05

「「信じる」ということについて、これを否定的にみるのが、理性的立場であるという風に「信じて」いる人も多いように思われます。

しかし、信じるという「選択」が、理性的なことであるとみなせる場合もあるという風に思うわけです。
「信じるということによってもたらさせる効果」ということを考えてみた上で、それが弊害よりも遥かにその効果のほうが大であると分かり、そこで確たる証拠がなくとも「信じることを選択」するというのは、理性的なこと(行為)だと思われませんか。

今述べた理屈は分かりにくいものでしょうか。」

とゆー質問を見かけましたぁ。

で、質問

「信じること」を理性で選択することが可能なのでしょーかぁ。

カァカァカァヽ(^△^)ノ

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ID非公開さん

2019/8/2718:05:23

可能だと思います。
しかし、それは理性が認めた真理を信じるという限りにおいて。
十代の頃、「純粋理性批判」が教科書でした。
デカルトは、科学者としてはニュートンに負けたように皆思ってますが、重力の理解に関しては、現代物理学は彼の近接作用論の方に回帰しています。
中学からフロイトは好きで大学もそっち系。その後、構造主義、現象学やインド哲学・密教思想、原始仏教を通って、サイエンス、科学哲学へ行きました。
それで判ったのは、現代の科学者たちの思想のベースにもプラトニズムが影を落としている事。

現代でもソクラテスの「無知の知」は大事で、自らはまだ目覚めていないと気付く事こそ必要な人が多く、特に新宗教の妄信者は魂の目覚めと逆に、深い催眠状態へ陥っていると分かります。
(自分の場合、ここでの質問の原点は、自分の知識すらをもまず疑ってみる事。回答は、カルト団体の工作でBAが多数取り消された為、操作された界隈と気付き、
投稿意欲が失せました)

  • ID非公開さん

    2019/8/2718:32:49

    新宗教の妄信者たちは、おそらく理性が曇らされて良く真理が見えず、感情や目先の欲を優先するよう、心理操作者の(特殊で巧妙な)話術で誘導されるのだと思います。だから彼らは理性で選択しているのでなく、感情や欲望で信じ込まされているので可笑しな催眠状態へ嵌まり込んでしますのでしょうね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/8/28 07:13:38

カイトーありがとね♪(*^^*)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる