ここから本文です

国内外株式のリスクについて 会社で確定拠出型年金をやっています。長期・分散・...

aki********さん

2019/8/3103:00:03

国内外株式のリスクについて
会社で確定拠出型年金をやっています。長期・分散・積立の観点から気になってることがあります。

株式メインで投資しているのですが、一般に国内株式のほうが外国株式よりリスクが低いようなことが書いています。
外国株式は為替レートで変動するのでリスクが高いのはわかります。しかし、日本株式の場合、特に、国内の景気のみならず、海外の問題でも大きく株式が変化します。外国株式に比べ株価が上がりにくく(遅く)、景気が良くなったかと思えば海外の影響ですぐ下がっている気がします。利益の割にかなりリスク高い気がしてます。
そもそも、日本企業の成長性をあまり感じないのですが、それでも国内株式のほうがリスクは低いのでしょうか。
外国株式のほうが、乱高下こそありますが、リスクの割にリターンが大きい気がしています。
リスクとリターンの比を考えたとき、国内株式より外国株式を多めに持ち、リスク分散として国内外債券を持つ投資方法の方がいいのではないでしょうか。

閲覧数:
43
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fij********さん

2019/9/102:10:36

現在されている確定拠出年金の運用状況は、いかがですか?

リスクは、国内株式も外国株式も同じです。

運用のコツは、長期投資・分散投資・専門家の活用です。

株式運用の平均利回りは、12%から20%程度です、

結論から、いいますと外国株式を増やした方が良いと思います。
もし、あるなら、新興国に投資しているファンドがお勧めです。
なぜなら、これから、成長が見込めるからです。

あと債券投資は、おすすめしません。

参考になれば、うれしいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる