ここから本文です

バリアフリー住宅の注文住宅について。

アバター

ID非公開さん

2019/8/2613:31:49

バリアフリー住宅の注文住宅について。

このたび大手ハウスメーカーにて、バリアフリー仕様の住宅をお願いし、手付金を払い契約を結びました。

室内を車椅子で移動できるバリアフリーを希望していました。
確かに室内はフラットで段差もありませんのでバリアフリーと言えばバリアフリーですし、平屋建てですので身体障害者向けのように思われます。

しかし、玄関扉を始め、室内のほとんどの扉が引き戸ではなく開き戸となっており、1人では移動が困難です。
しかも室内は2LDKの22坪の広さしかなく、企画が車イス仕様ではありませんため、夫婦2人、子供1人ですととても手狭になります。

まだ家の着工はしておりませんが、ローンの審査はオーケーとなり、融資金額も既にこの内容で決まっておりますので、開き戸の部分を引き戸に直したりもう少し部屋を広く取ったりする場合は増額しなければならず、そもそも増額なんて視野には全く入れてませんでした。

これって設計ミスでは無いのでしょうか?
にもかかわらず、室内段差もなく階段もない平屋建てなので充分にご希望通りのバリアフリーですよってうまくごまかそうとしているのを強く感じています。

だいぶ最初の頃に設計書を渡されてこちらも納得したのですが、こちらも素人ですので設計書の見方がよくわからず、間取り等が気に入ったのでそれでこちらも担当の方に信用して任せきりだったのも悪かったと思っています。

所々部分的に細かなことを確認したところ、引き戸希望だったのに開き戸になっていたりしていることを後から知ったということです。

だから最初に契約の時にお支払いした手付金を全て返金してもらいキャンセルしたいのですが、手付金は全てお返しすることはできませんて言われてしまいました。
手付金の中からいくらか相殺して返すわけでもなく、全額返せないと言われています。

このままでは生活導線に支障がありますし実際に住むことが困難なのですけどもうどうしたらいいのかわかりません。

閲覧数:
134
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/8/2708:32:17

①どうして「車いす」での室内の移動に、そこまでこだわっているのでしょうか? 今現在「車いす」を使用している方がいるのでしょうか?

②設計への配慮が無い事で、解約まで考えているみたいですが、そもそも「関東間(柱同士の間隔が909mm)」だと、廊下の有効な幅は750mm(75cm)にしかなりませんので、ここに枠の厚みやドアの厚みが加われば、残された寸法は71cm程度にしかならないので、これでは自分の車いすで移動する事は、ほぼ不可能になりますよ。

③外から家の玄関までの段差も、「スロープ」にする必要性がありますが、今回の設計図には明記されていますか?

④「手付金(多分設計料の違約金?)」については、こちらに相談してみてください。
https://www.houterasu.or.jp/

⑤あなたの文章の全般的な印象から考えて、あなたの担当者(セールスマン)は「車いす」での移動の意味を、正しく理解出来てはいないのだと思います。 その為にこの様な設計図しか出てこないのだと思いますね。



「補足」「返信」があれば「追記」が可能です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/8/2711:50:58

    ご回答ありがとうございます。

    ①なぜ車いすでの室内の移動にこだわっているのかと申しますと、私(年齢は若いですが先天性の障害により、日によっては歩けなくなることもあるため外出時は車椅子必須で室内でも車椅子が必要なことがあります)が車椅子を使用するためです。
    子供1人と申し上げましたが、これから子供を設けるつもりでおります。
    担当医からも、もし妊娠した場合は必ず車椅子での移動必須でと忠告を受けております。
    歩行中に力が抜けて突然崩れ落ちてしまったり、毎日必ず1回は歩行中に転んでしまうので、妊娠中に毎日転ぶと言うのは非常に危険なためです。
    しかし、この間取りでは子供を望めるのに望んではいけない状況ですので子供は諦めざるをえません。

    ②室内での車いす移動はほとんど自力で移動することになりますので、おっしゃられるように移動は困難かと思われます。
    仮に電動車椅子となった場合はほぼ不可能でしょう。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「注文住宅」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hac********さん

2019/8/2623:41:22

福祉住環境コーディネーターの資格を持つ者です。

設計ミスといえばそうかもしれませんが、そもそもバリアフリー住宅に対応したメーカーさんではなかったのでは?

確かに開き戸の方が使いやすい方もいらっしゃいますが、私からしたらバリアフリー住宅といえば「引き戸」が基本だと思いますし、車イスが通れないような間取を提案するなんて、たぶんその道の知識がなかったんだと思いますよ。
各メーカーにはそれぞれ強みというのがありますが、バリアフリーを最優先させるなら、工務店のほうが親身に細かく要望をきいてくれたのではないかと思います。

ただ、申し訳ないですが相談者様にも落ち度はあったと思います。
家なんてだいたい一生に一度の買い物ですから、みんな契約する前にかなり勉強したり、いろんなメーカーさんの話を聞いて本当に信頼できる所を探します。

私なんて施工会社きめて本契約に入るまで、本当にギリギリまで、5回くらい設計図描き直してもらいましたよ。
もちろんこちらは福祉に関する知識はあっても、建築に関する知識は0です。
それでも細かく突っ込んで聞きました。
自分の家ですからお任せなんて絶対ないです。
最終的にgoを出したのは相談者さんなので、メーカーさんの落ち度は責められません。

どのくらいの増額になるのかにもよりますが、今回は見送った方が賢明に思います。

22坪ならお子さんのお部屋くらいはロフトとかにすればよかったですね…。
トイレ+洗面+お風呂もひとつづきにすれば省スペースで済みますしね。
でもそもそもバリアフリーの知識がないメーカーさんでは今後も意思の疎通がままならない、チグハグな家造りになりそうなので、ご遠慮願いたいところですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/2621:58:01

まず貴方の勉強不足が招いた結果ですね。
知らなかった判らなかったは貴方の一方的なお考えです。
図面を見て判らないのであれば
何故その時にお聞きしなかったのでしょうか?
高い買い物です何度も買えるのであれば良いでしょうが
普通はそうはいきません。

バリアフリーと一言で表現してますが
特に障害がある場合と単なる高齢者とでは意味合いが違います。

手付金返金も契約する際に取り決めがあったと思います。
あまりにも稚拙なので
返金手数料は授業料として諦めて
これからしっかりと勉強して住みよい住宅を建築してください。

編集あり2019/8/2622:20:08

将来的な事を考えて
バリアフリーにしておくのか、
それとも今現在、既に必要なのか、、

私も要介護5の母の介護を
15年経験しました。

バリアフリーといっても
必要な設備、好み等
さまざまです。

既にバリアフリーが必要な状態なら
ある程度細かいところまで
ご自分で指示出来たと思います。
他人より、自分自身や
家族の方が必要な設備等
わかっているはずです。

それがされなかったようですので、
一般的なバリアフリーの施工だったか
主様の確認不足だったか、、

そんな気がします。

kur********さん

2019/8/2619:52:28

バリアフリーと言っても、段差がないこと、トイレに余裕があること、室内を車椅子で動けること、お風呂を広くしておく、と段階があると思います。

どの辺りまで想定するか、車椅子も自力で動くか人に押してもらうのか、考えて設計されましたか。

大手のHMだと必ずしも細かいところまで詰めての契約ではないです。
契約後も変更可能です、と言われませんでしたか。
もちろん変更できますが、それで金額が上がることはあると思います。
契約図面での契約なので、そこからの変更はお金がかかります。

素人ですが22坪で3人暮らしだと車椅子完全対応はキツキツになりそうです。
それぐらい場所を取りますからねえ。
介助付きの車椅子生活、お風呂はデイサービス利用前提で、今の設計図をベースに少しずつ変えてもらうのが現実的かなと思います。
もちろん金額は変わってくると思いますけれど。

設計図の見方は分からなければ聞いたら教えてくれます。
向こうは慣れっこです。
設計士さんは施主が図面から正しいイメージを持てているか、常に気をつけて施工例を沢山見せてくれました。
大手HMだったらイメージパースも出ているはずですが、もらえていませんか?

引き戸はバリアフリーでは基本ですが、筋力が落ちてくると体重をかけて開閉できる開き戸の方が使いやすいって場合も多いです。
何が何でも引き戸、という話でもない感じはしますね。

設計ミスというより、バリアフリーの考え方にすれ違いがあったのでしょうね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/8/2618:27:05

バリアフリー仕様を含めて、間取り変更や設備追加等を終えた最終プランで価格提示を受けて契約するものです。
契約後の変更は高額になりますし、契約内容を確認しないで締結したのは杜撰な対応です。
なお、解除規定については契約時の約款に記載があるので確認して下さい。
また、車椅子生活だと介護認定を受けているので、1割負担でバリアフリー改修は出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる