ここから本文です

麻雀の点数計算について

アバター

ID非公開さん

2019/8/2700:46:47

麻雀の点数計算について

最近点数計算を練習し始めたのですが、すごく遅いです
覚えるところは覚えて簡略化しているつもりですが、符計算もしていると20秒はかかってしまいます
みんなあがった瞬間に点数ポンポン言ってますけど、最初は遅かったのが早くなってぽんと出てくる感じなのですか?
それとも何か別の方法があったりするのですか?
あとあがる前から符までは計算しているのですか?
また早くなるにはとにかく慣れることですか?

閲覧数:
156
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ともへいさん

2019/8/2707:32:18

>みんなあがった瞬間に点数ポンポン言ってますけど、最初は遅かったのが早くなってぽんと出てくる感じなのですか?

A.覚え始めた最初は遅くても、符計算の練習を積めば見た瞬間に〇〇符〇翻、〇〇〇〇点と分かるようになります。※他家のアガった場合も、よっぽど複雑な70符や80符以上のレアケースでもなければ倒した瞬間分かります。

>あがる前から符までは計算しているのですか?

A.符計算はもちろん、それ以外にも、自分がアガる前に、こっちでロンなら何点、こっちなら何点、こっちツモなら何点、こっちなら何点、裏ドラ何枚乗ったら何点、その可能性の高低、誰からどの牌が出たら見逃す、誰からならアガる、こっちツモならアガる、こっちはアガらない、何でも誰からでもアガるなど決めて置くのが当然です。それが出来てないと、逆転のアガリ条件などが有る場面で、当たり牌が出た時に止まってしまったり、つい声が出てしまったりと言うミスが出ますね!改善しておくべきです。

>また早くなるにはとにかく慣れることですか?

A.慣れる事と、訓練する事、色んな戦略や打ち方、自分の欠点を考えて改善する事です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/8/3004:23:02

丸暗記がオススメでしょう
20符といえば”平和”のみ、食い平和不採用なら平和・ツモが原則で
40符1翻に同じ、平和のロンは加符ついて30符
25符といえば”七対子”のみ、但し必ず2翻なので50符1翻で計算

こまい計算やってるとキリないんで万舟以下の点数を列挙して覚えたんが楽やと思う

例えば
1000・1300・1600・2000・2300・2400・2600・2900・3200・3900・4500・5200・5800・6400・7700くらいしか普段見ない
上記点数の元は
30符1翻・40符1翻・50符1翻・30符2翻・70符1翻・50符1翻親・40符2翻・30符2翻親・50符2翻・30符3翻・70符2翻・40符3翻・30符3翻親・50符3翻・30符4翻となります

ここでの計算は20符は必ず40符で計算し60符は30符(+1翻)で計算しているところ、つまり普段から出現する符って30・40・50・60・70くらいしかでてこないのが現状です

あがる前から符を・・・って、3カンツ狙って行くことがなきゃ符の心配なんて
いらんぷいだと思うのですが、戦略重視の方にとって暗カンはポンに同じ事ですよ

場数踏んで覚えたものを確かめていけばよろしいかと

gan********さん

2019/8/2818:43:16

はじめまして。

回答ですが、
点数を計算するのは点数表を暗記するのと、特殊役(符計算が独特・固定)の暗記が手っ取り早いと思います。

点数表といっても、子供の点数を覚えてから親はその1 、5倍とすれば覚えるのは少ないです。

また点数表は一定の法則があるのでそれも活用すると覚えやすいです。

符は10符事に一定間隔で点数が変動する。
子、1ハンだと
30符1000点
40符1300点
50符1600点
60符2000点
と、約300点づつ変わります。

またハン数は1ハン事に点数が約2倍になります。
子、30符だと
1ハン1000点
2ハン2000点
3ハン3900点
4ハン7700点(雀荘によっては切り上げ8000点扱いも)
となります。

以上を踏まえると九九より覚えるのが少ないかも知れません。

固定の符の役(ピンフ、ピンフツモ、七対子)は長くなるのでご自身で暗記してください。


次の質問を実戦的な捉え方で説明しながら回答します。
まず麻雀の根底は点数のやり取り、点棒を多く集めて順位を高いものを求めるものです。
ならば、相手との点数差の認識が必須になります。
他の人がトップなら何点差なのかによって狙う手作りを決めたり、逆に自分がトップなら他のひとは人は何点必要の役、手作りをしてくるので警戒するなど、その局の指針にもなり得る情報を管理するのが当たり前です!
例えば、トップとの差が10000点なら5200点以上の手を直撃させるのが目標になります。
ツモ条件など細かく変わってきますが、慣れている人や上手い人は常に配牌を取る前から分かっている情報を認識してその上での取るべき行動を導き出しています(無駄の無さ、効率性)。

上記の例で話しを続けると、最低5200点直撃が必要なら
子で3ハン40符が必要で、ピンフなら4ハン、面前手(タンヤオ)なら3ハン。クイタンは基本符が20符なので別途12符が必要になります。この段階で符計算は始まっています。これは、配牌取ってリーパイしている状態です。

その後、皆の捨て牌などで状況確認しながら、イーシャンテンくらいから最終的な符計算の確認をします。この際に多面待ちなら複数の符の変化(両面待ちで和了か単騎になるか)も確認します。

すると、和了時に慌てる、または、時間がかかる事は最少に抑えられるはずです。

手作りと同時に点数計算(勘定)する感じです。

これらは、麻雀にとって基本であり、気にしないといえば、ただの牌並べレベルでしかなく、ただ揃った→点数が多かった→順位がよかったの、きつい言い方なら猿レベルです。
駆け引き有りきで争ってゲームを制すのが醍醐味です。
ただ、マンガンだから和了に向かう。
ただ役満が出来そうだから危険を省みず突っ込む。
だけでは、チャンスを逃しピンチに気づかず順位を上位に出来ないだけです。

点数計算出来ないのは悪くないですが、麻雀の楽しさや勝率には計算出来た方が良いお話し。
また、計算出来る人はそれを把握している人がほとんどではないでしょうか。

さらに符計算の要点だけ書くと、
端数切り上げを基準に30符はそのままですが32符から40符までは同じ点数になるということです。
なので、アンコやミンコで符が切り上がりそうかを確認して、アンコ又はカン材などがなければ早々符の足し算が多くなり点数管理が大変にならないはずです。
あったら、落ち着いてゆっくり計算すればいいだけで、無ければ符は2符か4符くらいしか付かないので基本符(面前ロン30符、その他の和了20符)に足せば点数が確定します。

説明不足の点もありますが、長文な回答になり申し訳ないです。

tom********さん

2019/8/2706:03:05

リーチした後は暇なので、ツモとロンの点数ぐらいは数えはじめましょう。後は、カンした後は、その点数の変化も。

考え中さん

2019/8/2701:20:32

あがる前に計算してるだけ

プロフィール画像

カテゴリマスター

jus********さん

2019/8/2700:59:11

慣れ!(ヽ´ω`)!

暗記が早いょ!
積算は遅いょ!

by積算派ょり。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる