ID非公開

2019/8/29 17:16

11回答

クロロベンゼンをNaOH水溶液と高温高圧で反応させるとなぜかベンゼン-ONaがうまれるのでしょうか?

クロロベンゼンをNaOH水溶液と高温高圧で反応させるとなぜかベンゼン-ONaがうまれるのでしょうか? 二段目ははわかるのですが、一段目の突き飛ばす反応というのはなぜ起きるのでしょうか? NaOHとは二段目で反応しているのではないのですか?

化学25閲覧

ベストアンサー

0

「突き飛ばす反応」などという意味不明な言葉を使って質問されてもねえ。 まあ、つまらない参考書に書いてあった表現なんでしょうけど、そんなものは通用しませんし、試験で書けば0点です。 で、本論です。当たり前ですが、クロロベンゼンとNaOHが1:1で反応すればフェノールとNaClができて終わりですです。しかし、その反応は過剰量のNaOHを使って行いますので、フェノールができた後も未反応のNaOHがあります。NaOHとフェノールがあればナトリウムフェノキシドになるのは当たり前でしょ? それが当たり前と思えないなら、フェノールの性質について復習した方が良いです。 ちなみに、あなたはそこでとれたClがどうなったか考えていましたか?それを考えていればわかりそうなことに思えますが、まあ、ついでに、化学量論(物質が反応するときの物質量比とか反応式の係数とか)についても復習した方が良いかもしれません。 ちなみに、1段目とか2段目と言われても、あなたがどのような式や図を見ているのかわからないので、判断できません。その反応は、はじめにOH-の作用でクロロベンゼンからHClが取れて、三重結合を持つ環状の化合物ができて、それに水が付加することによって進みます。