化石燃料を燃やすと二酸化炭素が増えると言って心配する人は多いのですが、酸素が減ると言って心配する人はほとんどいません。でも、アマゾンの森林が大規模に燃えると酸素が減ると言って心配する人が結構います。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

おっしゃる通りです。 平均気温が上がるといいますが、上空1 km は地方に比べて気温が6℃低く富士山の山頂だと20℃以上低いことになります。上空10 km だと-30℃です。 地表の温度が一時的に上がっても対流すると思うんですけどね。それと今でこそ人工衛星などで海の上の気温も算出しているみたいですが50年前に海も含めた平均気温なんてとてもまともに測れなかったと思いますけどね。ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答くださりありがとうございました。他の方もありがとうございました。 ナイスでご容赦ください。(理にかなっている人のみ)

お礼日時:2019/9/12 3:55

その他の回答(8件)

1

二酸化炭素とか気温に関するデータは電卓で計算することは困難です。 また気象庁では、 ヒートアイランド現象による気温の上昇を それ以外の気温の上昇とは別に観測し分析しています。 だから、 >日本も世界もそういう環境で気温も測ってる・・・ これは、ウソです。 第一、エクセルさえ使うことができず、 気象データの分析ができない人が、 二酸化炭素や気温を語ることはできません。 データの分析ができない、 気象データさえ読まないで、 地球温暖化説は間違いだ・・・と言う。 これを、短絡といいます。

1人がナイス!しています

0

そうかもしれませんね。Co2私たちが飲むビールや 炭酸飲料あとは家畜からも大量に出るし 車からも大量に出ている。 なので私見ですがCo2地球温暖化説で原発を推進 したいのでと思ってます。 速ければあと20年でウランが輸入出来なくなり 原発は強制的に止まります。 まあこれ日本だけの問題ですけどね。

1

アマゾンの熱帯雨林は厖大な光合成でCO2を吸収する一方で酸素を排出します。 しかしバイオマスとしてみたら生物の塊ですから膨大な量の酸素を消費してCO2を排出もしているのです その量が膨大な数字に上るので比喩として地球の肺などと表現しているのです 化石燃料を燃やして排出されるCO2はほ年に300億トン程度とすればその中に酸素は3分の1以上、100億トンです この酸素は大気中から得たものが殆どで石炭の殆どは炭素だったり石油天然ガスも炭化水素。 地球の酸素は1千兆トン以上あるからそのうち100億トンがCO2になったとしても10万分の1程度 アマゾンはブラジル9億ヘクタールの3分の2かな。周辺国もアマゾンを多く含んで居てベネズエラ、ペルー、エクアドル、ボリビアなんか結構多い 消失すると森林に蓄えた炭素がCO2として拡散、酸素が大気中から減っちゃうとイメージ的に危機感を覚えた人が言ったりもしています。 しかし地球の酸素が減ると学者さんなんか言っていないでしょう。仮にアマゾンが10億ヘクタールあって全部の面積で1ヘクタール2千トンの炭素がCO2になっても1ヘクタール700トンかな。7000億トン酸素が減っても1万分の7でしかすぎない。 それよりか2700億トンCO2が増えるということの方が問題じゃないでしょうか。地球温暖化進行を8年分早めてしまう。ま、実際はそんなことはないですが 映像で見ると、アマゾンで元々開けた疎林やサバンナを焼いて牧草地や畑を作ろうとして、鬱蒼とした熱帯雨林ではないみたいです アマゾン全体として広大な面積における独自な生態系の喪失や牧畜や畑の拡大で豊かな生態系が分断失われると言う危惧の方が問題でしょう。ブラジル国民全体としてもアマゾンに住んでいる人は少数なので実感がないと思われます 気象的な影響よりも煙やすす、一酸化炭素などによって都市住民の健康被害が大きくなるのはもっと問題です。平均寿命だって落ちますよ

1人がナイス!しています

1

心配することの大小は、矛盾とは言いません。 温暖化していないと思っているか、書いていないので自身の考えは分りませんが、 気温が更新し続けると書いたも同然でしょう(都市が上昇に貢献し続事)。 貴方はこのまま地球の温度が上昇し続ければどうなると思いますか。 北極圏、南極大陸に巨大な氷山が存在する事を、 これらがすべて溶ければ水位が上昇し、 世界の都市が機能停止に追い込まれかねません。 海の面積が増え、台風が増え、津波が更に内陸奥まで侵食する。 夏の高気温で熱中症で倒れる人が続出し、 クーラー消費増による電気不足となります。 酪農は破綻し、農作業も出来なくなります。 各地に観測所が設けられていますが 都市だけで測って温暖化だと言っている、と思っているのですか? どちらにしても、都市もどこも上昇同方向という事でしょう。

1人がナイス!しています

0

酸素は、約20%。ppmにすると、20万ppm。二酸化炭素が増えた分、酸素が減るとすると、280ppm酸素が減ったことになる。つまり、19万9720ppmになった。まあ誤差の範囲。有効数字3桁で四捨五入なら約20万ppm。 アマゾンの森林は、地球大気の酸素の3割を供給しているといわれています。 アマゾンに降る雨に半分は、森林が供給しています。森林が減ると雨自体が減り、サバンナのような、乾燥した草原に移行してしまう可能性が高いのです。酸素供給量は確実にへります。 地球の環境は、危ういバランスの上に成り立っていることを理解してくださいな。

>アマゾンの森林は、地球大気の酸素の3割を供給しているといわれています。 多分基本的なことから間違ってると思います。 >地球の環境は、危ういバランスの上に成り立っていることを理解してくださいな。 こういうことを書くこと自体、現時点で何が問題で現状況がどうなっているのか、基本的な事が理解できてないと思います。 単に二酸化炭素が増えて地球の平均気温が上がったり異常気象が起きると言うことをただ漠然と懸念しているだけにしか見えません。