ID非公開

2019/9/10 0:40

1515回答

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を持っています。もうすぐ使い始めて3年になります。

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を持っています。もうすぐ使い始めて3年になります。 最近、もっとボケのある写真を撮りたい、室内など暗い場所でも明るく撮りたい、と思い、明るい単焦点レンズの購入を考えていました。しかし、f1.7 20mmのレンズの作例やレビューを見たところ、さすがにマイクロフォーサーズなので期待するほどボケない、とあり、それならばいっそのことセンサーサイズを大きくして2台目を購入しようかと思っています。 予算的(7,8万以内)にフルサイズは難しいので、APS-Cのもので、Canonのeos kiss x9か、kiss mの二択まで絞ったのですが、決定打がなく決められません。一眼レフとミラーレスを比べるのもおかしな話なのかもしれませんが、詳しい方に意見をお聞きできたらと思っております。x9であればmよりも安価な為単焦点を追加購入、mであればダブルレンズキットを考えています。 また、他にもお勧めのものがありましたら、教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

デジタル一眼レフ | デジタルカメラ290閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

ポートレートや日常の身近なものなどの範囲であればCanon6Dの中古が六万しないぐらいで売っているので、ボケが必要なのであれば6Dなどの安いフルサイズと50f1.8などのレンズを使えば1番ボケは出ると思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(14件)

1

他の方の回答に色々な話があるように、ボケの量とは色々な要素が合わさって総合的に決まるものです。 センサーのサイズ レンズの焦点距離とF値 被写体とカメラの距離 被写体とボカす背景との距離 これらのトータルとしてどのくらいボケるかが決まります。 つまり、センサーを変えたからと言って、それだけでたくさんボケるようになるかと言えば、それは上の条件のセンサーのサイズによる影響分しかボケの量は変わらないということです。 もちろん、じゃあセンサーサイズ分は変わるじゃん。というのはその通りだし、大きなセンサーにしたい気持ちも分かります。 でも、どうせならその前に今持っているカメラとレンズでよりボカせるか試す、どうやったらボケるのかが分かった上で新しいものを考えた方が失敗しないで済むかと思います。 例えば、質問の中で言うと、マイクロフォーサーズに20mm、F1.7のレンズとあるけれど、例えばこれが100mm、F1.7(そういうレンズがあるかは知らないけど)のレンズを付けると単純にボケの量をより増やして撮影することが可能になります。 APS-Cに単焦点かキットレンズかという話も、例えばボケに関して言えばキットレンズの最大望遠(250mm?)の時と単焦点の開放でどちらがボケるのでしょうか? 250mmではキットレンズだとF値は変動しておそらく6.3などになるので、単焦点が仮に50mm/F1.8だとするとボカそうとすることだけ考えた時には 50mm/F1.8 250mm/F6.3(F値変動のため150mm/F5.0など選択肢は他にもあり得る) この2つでの比較になります。 でも実際はこの数字だけじゃなく、あなたの撮影スタイル、被写体によってはそもそも250mmなんて望遠で撮れるものなのか?逆に50mmで十分に寄れるのか?など上記のような撮影時の位置関係など、他の要因がどちらに有利に働くかは質問だけでは判断できません。 私自身は、50mm/F1.8単焦点と便利ズームをAPS-Cに付けて使うことがありますが、ボケだけで言えば、どちらのレンズでも個人的には十分なボケの量は作れます。 言ってしまえば1/2.3センサーのコンデジでも狙って背景をボカすことは全然できます。 この辺のコントロールがある程度出来てから選択肢を考えた方が自分が本当に使いやすい物が見つかると思います。 ただ、極端な背景ボケなど、手軽にちょいちょいっとやって凄くボケるのは単焦点。 質問の範囲で買うのならやはり単焦点があると手軽にかなりボケると思います。 ボケの形も違いますし、個人的な感覚では単焦点の方がキレイなボケになる印象はあります。 後は、ボケだけ考えて7,8万の予算ということだと、例えば今持ってるミラーレスに60mm単焦点マクロなどの方がAPS-Cに普通の単焦点よりボケるかもしれません。 最終的には何をどう撮りたいか次第かと思います。

1人がナイス!しています

1

マイクロフォーサーズでボケ量が足りない場合、APS-Cにしても大差はありません。 マイクロフォーサーズとAPS-Cとのセンサーサイズの差は、だいたい1.3倍程度。 その程度しか違わないのです。 フルサイズとなら2倍程度違います。 マイクロフォーサーズと圧倒的にボケ量を変えるなら、予算を貯められてからフルサイズにされた方が良いです。

1人がナイス!しています

1

>室内など暗い場所でも明るく撮りたい これは外付けストロボを購入してバウンス撮影することです >もっとボケのある写真を撮りたい これは予算をためてフルサイズを買うべきです 例えばニコンD610なら https://kakaku.com/item/K0000583876/ 30年前の古いレンズが現行製品として存在しています D610のFマウントでそのまま使えます https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/#05 マイクロフォーサーズの高級品のF1.4やF1.2のレンズよりも、フルサイズの安価なF1.8レンズのほうがボケます だからマイクロフォーサーズを売却してフルサイズに乗り換えたほうがいい

1人がナイス!しています

0

>マイクロフォーサーズなので期待するほどボケない それは間違い。ボケはレンズの有効口径に比例する。センサーの大きさは無関係。 有効口径 = 焦点距離 ÷ F数 小学生でも出来る簡単な計算。20/1.7や42.5/1.7を計算してみよう。キヤノンなら24/2.8や50/1.8。それが有効口径。単位はmm。 面積が二倍と信じている人がいるようですが、キヤノンのAPS-Cはマイクロフォーサーズの五割増しぐらいの大きさですよ。