ここから本文です

非常停止ボタンと列車の動き、さらにATS、ATCについて教えてください。

ヒロおじさんさん

2019/9/1216:33:37

非常停止ボタンと列車の動き、さらにATS、ATCについて教えてください。

非常停止ボタンは、列車の車内、駅のホーム、踏切などに設置されておりますが、これらが押された場合、列車は自動で停止するのでしょうか?それとも、線路上の信号機だけが赤に切り替り、列車は運転士によって停車させられない限り停止しないものなのでしょうか?
また、近年の鉄道にはATS、ATCが装備されておりますが、非常停止ボタンが押された場合、これらは連動しているのでしょうか?

先日の京急の事故では、列車は自動で停止せず、運転士が信号を見て(遅れながらも)停止させたわけですから。

補足回答くださいました皆さん、ありがとう御座いました。
どの方の回答も貴重な情報となりました。
BAはもっとも詳しく説明してくださった最後の方に送らせて頂きます。

運転士,非常停止ボタン,列車,これら,ATS,JR東日本,踏切保安装置

閲覧数:
30
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

2019/9/1218:26:23

踏切内の安全を確保する装置を纏めて、踏切保安装置とも言います。

機械で言うなら、まず最初は、踏切道内支障物検知装置です。

踏切内に赤外線、低周波レーザー光線、パルスドップラーレーダー波を張り巡らせておいて、この検知波をその検知範囲内に停止していて一定時間以上遮断する物があると、障害物ありと判断するものです。

もう一つが駅非常停止装置同様に、押しボタンで通知する支障報知装置です。

この両方とも、その踏み切りから一定距離(会社ごとで決められた距離です)に列車に対する支障放置信号機が設置されています。

支所検知装置が支障物を検知したり、ドライバー自身や通行人が放置ボタン(手動押しボタン)を押すと、その踏切用として設置された報知用信号機(これまた会社ごとに異なります。東武鉄道は四角い信号機で上段2灯が白色灯、下段2灯が赤色灯で、支障物ありを知らせるときは白と赤が逆順に交互点滅。西武鉄道とJR東日本は五角形の黒い信号機で、その角毎に赤色灯がついていて、報知するときは右回りノイ赤色灯が点滅する。京急は円形の信号機の真ん中に赤色灯が4灯着いていて、報知するときは4灯が一斉に点滅する)が決められたパターンで点滅します。

踏切保安装置は、その会社が他の保安装置、例えばATSやATCと連動させていなければ、信号を発するだけで自動停車はさせません。あくまで運転士が信号を確認して、非常制動関係を取り扱うとなります。今回の京急がこのタイプで、ATSも設置してますし、踏切保安装置も付いていますが、会社の都合で連動はさせていません。

信号機についても、連動させていなければ、その踏切の区間が進行を示す信号(停止信号以外)を現示している区間であれば、停止信号にはなりません。あくまで報知用信号機が、指差要物がないときは滅灯している(これが定位)ところ、点滅に変わるだけです。

むろん踏切保安装置をATSやATCに連動させることは可能ですが、接続をするとなればその分子説設置費用が掛かるので、全ての会社が接続しているわけではありません。

西武鉄道は、踏切支障検知装置を設置した時点で連動させたようです(雑誌より)。小田急も数年前から、連動させています。東武鉄道は、昨年に年度計画発表の際に連動化することを表明しています。

今回は、細すぎて大型トラックどころか、軽自動車を持つ地元に人さえ通らない道に13トントラックで迷い込んだ、左折して逃げようとしたが曲がれなかった、やっと踏切内に入ったときは踏切が閉まっていた、京急に踏切保安装置が設置はされているがATSと連動させていなかったなど、複数の負の要因が重なった事故でした。

最後に、連動させてあったとしても、支障物が運行してきた列車が気づいて停止措置をとった時に既に非常制動で停止するまでの制動距離以内になった時点で車が入り込んだら、停車はできても事故は防げない、と言うことも付け加えておきます。

また、この非常制動の書位置をボタン一つで自動で行わせるTE(Total Emergency)ボタン(非常制動動作、パンタグラフ降下、非常汽笛吹鳴をボタン一つで実行できる)を装備している会社(JR東日本、西武鉄道、東武鉄道など)も有ります。

車の拘わる踏切事故の根本的な解決策は立体交差化しか有りません。

質問した人からのコメント

2019/9/12 18:43:53

ありがとう御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/9/1218:23:23

京急の場合は非連動、自動的に制動をかける機能はなく、運転士の動作のみに委ねられます。したがってブレーキ操作が遅れると止まりきれません。ATCが導入されている鉄道会社や路線に関しては連動しています。またATSでも関西大手は連動していて減速するか完全停止します。また非連動の鉄道では通常日常信号は変わらず、特殊発光信号が点滅するようになっています。

京急でこういった映像がありました。特殊発光信号が点灯しているにも関わらず加速していく光景です。一応運転士は確認しており、その後ゆっくり減速しながら警笛を鳴らしています。しかしこれ関西私鉄なら非常停止してしまいます。
https://www.youtube.com/watch?v=pYZnirc6oCg

tec********さん

2019/9/1218:12:46

連動してない路線や会社の方が多い

でででさん

2019/9/1218:01:45

障害物検知装置とか、非常ボタンの類が保安装置
(ATS、ATC)に連動しているか否かは社局や路線
どころか設置場所次第で異なる。

「列車防護スイッチ」って書かれているものだと
だいたい信号を落とすので自動的に止まることが
多い。
https://company.jr-central.co.jp/company/achievement/report/conditi...

ぶっちゃけ「列車防護」だから踏切とかホームで
落ちた人にぶつかったくらいじゃ列車は壊れない
事が多いので列車を止める必然性を本音のところ
でどの程度認識しているかは微妙。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる