ここから本文です

JR運賃について 検索してわかったのですが 上野→高崎 1940円ですが 上野→北浦...

kim********さん

2019/9/1319:09:49

JR運賃について
検索してわかったのですが

上野→高崎 1940円ですが
上野→北浦和390円+北浦和→高崎1320円=1710円

北浦和で一度改札出ると230円も安くなるのは何故ですか?
北浦和で用事

があるため 調べて気付きました

素人ですみません・・

閲覧数:
64
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ゆきなみさん

編集あり2019/9/1321:05:06

JRの運賃計算は、50km以下は5kmごと、100km以下は10kmごと、600km以下は20kmごと、600km超過は40kmごとに区分し、その中央値分の運賃を請求する規則になっています。
このため上野・高崎間101.4km、東京・高崎間105kmに対して、110km分の運賃が取られています(上野駅は山手線内の駅のため、東京駅から101km以上離れている駅までの運賃は、東京発着で計算します。この場合は上野発着と考えても値段は変わりませんが)。
一方、北浦和・高崎間は79kmありますが、これは75km分の運賃しか取られません。
上野・北浦和間は東京電車特定区間(分かりやすく言うと、利用客数が多い等の理由で運賃を優遇する区間)の対象なので、他の区間より安い運賃が適用されます。具体的には税抜き運賃で通常1kmあたり16円20銭のところ、東京電車特定区間内は1kmあたり15円30銭と0.9円安くなります。
この間の営業キロ数は22.4kmなので、請求される運賃は23km分(よりもさらに20円安い額)となります。
つまり、普通に乗れば8.6km分の運賃を過剰に請求されているのに対し、分割して乗ると3.4km分の運賃を払わずに済んでしまうのです。その差は12km分+20円。
これが途中ででると安くなる理由です。
ちなみに、上野・高崎間の最安解は、川口・大宮・神保原の三回下車で290円の節約だそうです。いちいち降りるのは面倒くさいと思うので、上野→川口、川口→大宮、大宮→神保原、神保原→高崎の乗車券を指定席券売機で買っておくといいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/9/14 15:03:16

皆様ありがとうございます!
分割切符 初めて知りました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kon********さん

2019/9/1413:03:08

他の方の回答にもありますが、
理由1
100キロを越えると20キロ毎、600キロを越えると40キロ毎に運賃があがります。そのため、境界をちょっとだけ(今回の1.4キロなど)超えるるケースなどで生じる場合があります。それに絡む時。
理由2
JRは、東京や大阪の近郊で、電車特定区間(東北線なら大宮まで)として、運賃を安く設定している区間があります。それに絡む時。
理由3
JRは、私鉄と並行する区間で、対抗上、安い運賃を設定している場合があります。
品川~横浜は22キロなので390円のところ、京急の300円に対抗して、290円にしています。それに絡む時。
この3つを複合的に組み合わせれば、合法的に安く乗ることができます(うまい具合にその継ぎ目付近に駅がないとダメですが)。これを探すのが趣味という方もおられるようです。
ケースバイケースなのですが、、それぞれの駅で降りるか、あらかじめ各区間の乗車券を用意することが必要なことが多いですが、最近は、指定席対応の券売機で、任意の区間の乗車券を買うこともできるようで、便利になりましたね。
今は、そんなサイトもあるようですが、昔はソロバンや電卓で計算し、駅の窓口で嫌な顔をされながら乗車券を買ってましたが、いい時代になりましたね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mt0********さん

2019/9/1319:52:57

上野駅-高崎駅間は
101.4kmで

JRの運賃表の
101km~120kmの範囲の
1940円になります。

120kmでも、1940円ですが、

上野駅-高崎駅間は
101kmを僅かに越えているので
損な運賃になります。

上野駅-北浦和駅間は
22.4kmで
JRの運賃表の21km~25kmの
範囲の
390円になります。

◆上野駅-北浦和駅間は
電車特定区間の運賃だから少し安い。

北浦和駅-高崎駅間は
79.0kmで
JRの運賃表の
71km~80kmの範囲の
1320円

1320円+390円=1710円
になります。

北浦和駅-高崎駅間は
79kmで
JRの運賃表の
71km~80kmの80km寄りなので
得な運賃になっています。

◆101kmを超えると
20kmきざみの運賃になるため、
上野駅-高崎駅間の
101.4kmは
損な運賃になります。

tyu********さん

2019/9/1319:20:32

JRって運賃の距離計算表をみれば解かるらしいですが、
長距離ほど大雑把にステップアップな計算になるのよ。
(近距離なら数キロなのに、長距離だともう何十キロ単位以上みたいな)

だから「ざっくり」徴収する仕組みに対抗して、
巧みに細かく計り合わせれば安い結果があります。

ask********さん

2019/9/1319:18:10

そういうケースはかなり多いです。なぜかというと距離と完全に比例して運賃が上がる制度ではないから、区間によっていろいろな運賃制度があるからなどがあるのですが、

このケースの場合は、上野~高崎の切符の場合、全線幹線運賃が適用されるのに対し、北浦和で区切ることにより上野~北浦和は幹線運賃より安い電車特定区間の運賃が適用されることがあると思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yur********さん

2019/9/1319:17:52

JRの運賃は距離が長くなればなるほど運賃の上がるピッチが変わります。
短い距離の場合は数キロ単位で少しずつ上がりますが、100kmを超えると20キロ程度事に大きくあがります。

そのため、必ずしも発生するわけではありませんが、その上がり幅より小さい運賃がある場合にあえて分けて買った方が安くなることがあります。

また運賃が安めに設定されている電車特定区間や、競合他社との運賃調整のために用いられている特定運賃区間なども一因になっています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる