ここから本文です

見づらくて申し訳ないのですが、画像の問題の解説お願いします。

アバター

ID非公開さん

2019/9/1406:50:56

見づらくて申し訳ないのですが、画像の問題の解説お願いします。

シカゴ,ニューヨーク,時差,本初子午線,解説,ロンドン,西経

閲覧数:
26
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhhadrianusさん

2019/9/1407:27:53

日本は東経135度、シカゴは西経90度

その差は225度となり、時差は15時間
(日本の方が早いため、日本で午前0時なら
シカゴではそれより15時間遅く、いまだ
前日の午前9時です)

ジェット機が12時間かかって飛行したなら、
日本を1月1日午前0時に出発という事なら
シカゴからこれを見ると
12月31日午前9時に出発していますから
12時間後であるとシカゴ時間
12月31日午後9時に着、です。

で、何かニューヨークとか見えてるんだけど、
ニューヨークは西経75度の標準時になると
おもいますからさらに1時間ずれがあり、
シカゴ時間午後9時はニューヨークでは
午後10時となります。


間違ってたらスマヌ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

2019/9/1408:54:31

時差は経線15°当たり1時間です。
360°を24等分するので、1時間当たり15°になるんです。
1日は24時間ですから…。
そして、西に向かうほど(180°の日付変更戦まで)時間を遅らせます。
地球は北極点の上空から見ると反時計回りに回転しているので、東から夜が明けていきます。だから西に向かうほど時間を遅らせます。

日本は東経135度なので、ここから西に向かうとイギリスのロンドンを通る本初子午線に到達します。
ここが0°になります。
ですから、日本からロンドンまでの時差は、
135°÷15°=9時間です。
日本の方が9時間進んでいるということです。

そして、そのロンドンから更に西に向かって西経90°のシカゴに行くわけですが、ロンドンとシカゴの時差は、
90°÷15°=6時間です。
これにより、日本とシカゴの時差は、15時間であることが分かります。
日本の方が15時間進んでいるということです。

ここから、日本を「1月1日午前0時」に出発した時の、シカゴに到着した時の現地時間を出します。考え方は一つではないのですが、わたしはこんなやり方でこの手の問題を解いています。

まず、12時間かけてシカゴに到着したので、シカゴに到着した時の日本時間を出します。
1月1日午前0時から12時間後ですから、日本時間「1月1日の午後12時」にシカゴについたことになります。
ここから、この時のシカゴの時間を出すんです。
「1月1日の午後12時から15時間遅らせる」んです。それがシカゴの到着時間です。
「1月1日の午後12時」-「15時間」=「12月31日午後9時」です。

答え、
日本を「1月1日午前0時」に出発した時のシカゴに到着した時の現地時間は、「12月31日午後9時」です。

ここからニャーヨークへ移動と書かれているようですが、経度が15°違いますので1時間の時差があります。
シカゴよりニューヨークの方が東にあるので1時間進んでいます。
これをどう考えて画像の問題に解答すればよいのか、お答えできず申し訳ありません。
下のURLは、シカゴとニューヨークの位置関係を示した地図です。

https://www.google.com/maps/dir/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる