ここから本文です

新築予定。今どきの照明はダウンライトが主流なのですか?

smi********さん

2008/12/1210:47:53

新築予定。今どきの照明はダウンライトが主流なのですか?

新築するため、今、照明器具の打合せをしている段階です。
営業の方はダウンライトをたくさん勧めてきます。今はあまりブラケットは用いらないのですか?
流行りなんでしょうか?天井に穴を開けるのに抵抗があるのですが....
ダウンライト・ブラケットの良い点・悪い点をおしえていただけますか?

閲覧数:
7,552
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2008/12/1313:50:18

明かりの演出ってコトと、出っ張らないので、みばがすっきりするってコトで好んで使う傾向みたいですね。
問題は、CO2削減で白熱電球を蛍光灯に変える動きがあるってことです。
ダウンライトに使われるミニクリプトン球は経常的に完全な置き換えが難しそうです。
また、断熱施行タイプのダウンライトは、蛍光灯が使用禁止のものが多いので注意してください。

ダウンライト:
○見栄えすっきり、扉と干渉しない、多灯配置で演出しやすい、指向性ある(下だけ照らせる)
×資格が無いと配線できない、蛍光灯への転換に障害となる場合がある、1個では広範囲に照らせない

ブラケット:
○自分で簡単に交換可能、種類もまあ多い
×ブラケットが目立つことも、天井と照明に隙間が空く場合あり、出っ張るので扉と干渉

直付け:
ほぼブラケットと同じだが、資格が必要。注文住宅なら余裕で10年以上持つから気にしなくて良いのでは?

質問した人からのコメント

2008/12/17 13:29:09

降参 回答下さった方々、ありがとうございました。
みなさん、とてもわかりやすく説明下さいました。これを参考に照明のプランを立てたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poc********さん

編集あり2008/12/1517:40:24

ダウンライトのメリットは、埋め込み式なので飛び出て見えなかったり直下的な配光で家の中を演出するため部屋や廊下、トイレルーム、脱衣所玄関などに取り付けするとおしゃれに見えたりかっこよく見えます。だからリビングやダイニングのサブ照明やトイレや廊下のメイン照明に最適です。 デメリットは、直下しか照らさない広い部屋全体を明るくするのには、照度が足りないことと、ランプを交換するときに交換をしにくく、不便である。また、断熱材でおおわれたタイプ(SG,SGI,SBマーク付き)のタイプでは電球型蛍光灯が使えない事や器具があります。 ブラケットのメリットは途中であきたら、自分でも簡単につけ変えれることと、ランプの交換や掃除も埋め込み式のダウンライトと違ってしやすく便利で工事費も安く花形のかさなどいろいろなデザインがある。 デメリットは、高いいちが暗くカバーがじゃまになり僕的にはあまりしゃれていない。また、電球型蛍光灯を使うと、ふたが閉まらなかったりはみ出てかっこ悪いところです。また、100W型を使うと短寿命になることです。

ryu********さん

編集あり2008/12/1210:58:38

以前よりはダウンライトが多いとは思いますが、やはり使い勝手や場所次第です。
ダウンライトの利点はスッキリ感と本体にホコリなどが付かない事です。
それに対しブラケット(壁付け)はホコリがたまります。

参考、
天井直付け(シーリングライト)
天井吊り下げ(ペンダント)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる