ここから本文です

一口に言って、徳川光圀は名君でしょうか。暗君でしょうか。内政的に見るべきもの...

ウルトラマンライダーさん

2019/9/1718:09:28

一口に言って、徳川光圀は名君でしょうか。暗君でしょうか。内政的に見るべきものがあるとは思えませんし、大日本史の編纂の為に領民に重税を課すなど、あほっぷりばかりが目立たとますので。

閲覧数:
30
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dhi********さん

2019/9/1719:54:25

歴史を現代の価値観で評価する、のも一つのアプローチとして否定はしませんがね。
徳川光圀ですね。
①戦国の世にならい、衆道を好んだ。
②当時主流の朱子学=名分論/タテマエ=を信奉し、日本は天皇が中心だと考えた。
③そのため史記にならった大日本史の編纂をはじめた。
④家臣(いわゆる助さん・格さん)が集めた資料は貴重な遺産として残った。
⑤大日本史編纂事業はときに水戸藩財政の30%を超えた。(これに異を唱えた?=故志田淳一先生の説)家老・藤井紋太夫を斬殺した。
⑤隠居ののちは質素な生活をした。西山荘。
⑥大日本史編纂事業をつうじて朱子学+神道の水戸学がうまれた。
⑦水戸学は幕末、尊王攘夷運動の基本理念となった。志士の水戸詣でには吉田松陰ほか多数。(木戸・西郷なんかは陽明学か。大塩平八郎も)
⑧光圀を尊敬する9代斉昭は「偕楽園」をつくった。
⑨かんじんの水戸藩は幕末、尊攘派と保守派の血みどろの消耗戦になって多くの有能な人材を失った。
⑩その結果、幕末の10年ほど日本の中心だった水戸藩から明治新政府に1人の顕官も送れなかった。
⑪おそらく⑩のせいで茨城県に新幹線はなく、高速道路は遅れ、県道に狭隘路線が多い。
⑫県の魅力度最下位、毎年キープ(笑)

これらすべてで、徳川光圀かなあと。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kop********さん

2019/9/1722:22:26

とくに際立ったところはないし、変人というのが当時の評価です。

実の甥がお家騒動に苦しみ、助けを求めたときも無視してます。使いは、日盛りの中夕方まで門前で放置され一人が脇差しを抜いて自害しようとしたのを仲間がとめて引き揚げました。

直後に水戸は大火に見舞われ三百戸も焼失しましたが、このときの恨みで天罰だという陰口があったようです。

hk8********さん

2019/9/1718:12:10

今で言えば、学者バカで政治家に非ず、
でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる