ここから本文です

『神聖ローマ帝国』と『ローマ教皇領』ってまったくの別物ですか(´>Д);?? あ...

moe********さん

2008/12/1515:40:09

『神聖ローマ帝国』と『ローマ教皇領』ってまったくの別物ですか(´>Д);??

あと、『ドイツ』と『プロイセン』もまったく別物ですか? でも、普仏戦争でプロイセンがフランスに勝利したのに、ドイツがアルザス・ロレーヌを獲得してて、何でここでドイツが出てくるのか疑問なんです…

詳しい方、是非お願いしますorz

閲覧数:
1,164
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2008/12/1617:52:52

こんにちは。
『神聖ローマ帝国』>今のドイツ・スイス・フランスの1部などです。

『ローマ教皇領』>教皇の私有地と思ってください。
長い歴史の中で親戚関係もありますが、名前が似ているだけです。

例えば、M大学とM学院大学みたいに。

『ドイツ』と『プロイセン』
昔のドイツにあった国です。
ほかに、ザクセンやバイエルン等あります。

日本の「関東」とか「東京」が単独で、戦争など名前が出ていると考えてください。
参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2008/12/1614:00:29

>『神聖ローマ帝国』と『ローマ教皇領』ってまったくの別物ですか

時代によって状況が変わっています。
神聖ローマ帝国ができたころは、ローマ教皇領は、神聖ローマ帝国の南端にあたりました。
教皇領の南側は、ビザンツ帝国領でした。
その後ビザンツ領は、イスラムに奪われ、それをノルマン人が奪い、両シチリア王国となります。
その後皇帝が領土を継承し、南部イタリアまで全て神聖ローマ帝国領となります。(ローマ教皇領も神聖ローマ帝国を形成する領邦です)
そういった状況に変化がおこるのが、フランスのアンジュー家によるナポリの領有です。
これにより、ナポリなどの南イタリアが神聖ローマ帝国から自立し、それにともない教皇領も実質的に分離します。
以後、神聖ローマ帝国と教皇領は、別の国として認識されるようになります。

>『ドイツ』と『プロイセン』もまったく別物ですか?

ドイツ・プロイセンとも地理的概念です。
現在のドイツ地区では、かなり早い段階から、同族の意識があり、ドイツが使われていました。
それが一般化する最初は、ドイツ騎士団になります。
バルト海沿岸の非キリスト教徒を征伐し、そこにドイツ人を移民させ、ドイツ人の生存圏を拡大しようとした行動でした。
そのドイツ騎士団が、宗教騎士団から世俗化したのが、プロイセン公国です。(プロイセンはドイツ騎士団が領有した地区の地名)
そのプロイセン公国を婚姻により併合したのが、ブランデンブルク選帝侯で、併合後プロイセン公国を名乗り、その後王号を許され、プロイセン王国となります。
そしてオーストリアの勢力と、それに協力するフランスを破って統一された国が、ドイツ帝国になります。
プロイセンからドイツ帝国への組み換えが行われたのが、フランスを破って条約を結んだのが、フランスのベルサイユでした。
つまり、フランスが負けたと決まったときと同時に、ドイツ帝国が成立したため、領土の割譲は、プロイセンではなく、ドイツに行われる事になったのです。
(ドイツの領邦として、プロイセンも残ります)

hel********さん

2008/12/1519:14:38

プロイセン王国は、1815年のウィーン議定書で、通称「ドイツ連邦」(=ナポレオンによって神聖ローマ帝国が解体され、ライン同盟が改称)の中で、それまでの本来の領土以外に、飛び地でライン川下流の西岸を獲得、連邦中でも最大の恩恵に与りました。
19世紀前半には、関税同盟という、北ドイツ諸邦(ハノーヴァーやヘッセン)でまちまちな税率を一本化、またドイツ統一を主張する政治家や文化人を輩出。1847年にはフランクフルトで開催されたドイツ諸邦の暫定国民議会の中心的存在になります。

19世紀を半ばを過ぎ、プロイセン国王ヴィルヘルム1世が即位すると、議会内の政治工作に長けたビスマルクが宰相に就任。彼はプロイセンがドイツ統一の主導権を握るに当たり、邪魔なオーストリア帝国を排除すべく、先ずシュレスヴィヒ・ホルシュタイン在住のドイツ人の保護を求めて、デンマークにオーストリアと共に宣戦。勝利し二国の共同管理下におきましたが、地理的に近いプロイセンの一国管理とし、またバイエルン等諸邦にオーストリアからの離反を促し、一方でイタリア半島の統一を目指すサルデ-ニャ王国と同盟を締結。
業を煮やしたオーストリアと戦争し勝利します。

これに怯えたフランス皇帝ナポレオン3世を、ビスマルクは「親書」である電報を挑発的な内容に書き換え、新聞メディアで宣戦の空気を作りだし、普仏戦争となりました。

gus********さん

2008/12/1515:59:18

ローマ教皇領はイタリアを征服した神聖ローマ皇帝がローマ教皇に提供した領土であり、神聖ローマ帝国と別にある領土です。
ローマ教皇領の君主はローマ教皇。神聖ローマ帝国の君主は皇帝です。

プロイセンはドイツの一部(正確にはドイツの外なんですがこのへんつつくとややこしくなるので省略)です。
言ってみればドイツという国の中の大名みたいなもの。
普仏戦争はプロイセンとフランスの戦争で、この戦争に勝利したプロイセンがドイツの他の諸侯(大名)を従えてドイツ帝国を建国するのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる