ここから本文です

米津玄師さんの馬と鹿の歌詞に 「鼻先が触れる 呼吸が止まる」 とは、キスのこと...

hik********さん

2019/10/521:16:53

米津玄師さんの馬と鹿の歌詞に
「鼻先が触れる 呼吸が止まる」
とは、キスのことですよね?

でも、その次は
「痛みは消えないままでいい」
となります。

なぜなのでしょうか?

閲覧数:
1,167
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2019/10/715:48:21

この歌は米津さんが色々なスポーツを見まくってイメージした歌だそうです。なので恋愛の要素はないと思います。

更にラグビーを題材にしたドラマの主題歌だったので『鼻先が触れる 呼吸が止まる』というのはラグビーのスクラムの事かなって思ってました。スクラムを組んでから試合が動き出すまでの瞬間の緊張感を表現しているのではないでしょうか。

あの歌はもう一度選手として花を咲かせたい、まだできるはずだという願いを捨てきれずにいる、盛りの過ぎた引退の近付いた選手の気持ちを歌っていると思うととてもしっくりきます。

米津さんの中でも近年の最高傑作なんじゃないかなって自分では思っています。

質問した人からのコメント

2019/10/10 20:08:54

なるほど!
詳しいご説明、ありがとうございました^^

「米津玄師」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ais********さん

2019/10/607:13:38

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる