ここから本文です

マンションとアパートのちがいはなんですか?

wwgm@damさん

2019/10/912:01:31

マンションとアパートのちがいはなんですか?

管理組合はアパートにもありえるんですか?

閲覧数:
16
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a1y********さん

2019/10/915:34:01

「マンション管理適正化法」という法律が平成12年に公布されました。それによって「マンション」という呼び名も正式に法律用語になったわけです。

すると、その法律では「マンション」をどのように定義しているかといえば、「 二以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるもの並びにその敷地及び附属 施設(第2条一号) 」と定義されています。

分かりやすく言えば、マンションとは2人以上の区分所有者がいる建物で、人が居住するための部屋(専有部分)があるもの(敷地と付属施設を含む)ということになります。

ここで注目すべきは、「区分所有者」「専有部分」という言葉です。「区分所有者」とは「専有部分(マンションの部屋)」を所有している人のことですから、つまり、法的には「マンション」とは必ず分譲マンションのことになります。

そして、分譲マンションには、区分所有者全員で建物・敷地等を管理する団体(=管理組合)があります。(区分所有法第3条)

しかし、「アパート」には「マンション」のような法的定義はありませんし、「アパート」といえば、必ず「賃貸アパート」であって、「分譲アパート」は存在しません。「分譲」ではないのですから、区分所有者が存在せず、したがって、区分所有者の団体(=管理組合)も存在しません。

ただし、「賃貸マンション」という言い方はあります。これも本来は「アパート」と呼ぶべきですが、マンション管理適正化法ができる以前から「賃貸マンション」が存在していたので、その言い方の習慣が今も残っているだけです。

これとは逆に、大正時代に建てられた分譲マンションで「同潤会アパート」という名のマンションがありましたが、現在では分譲マンションに「アパート」の名を冠するものは皆無といってよいでしょう。なぜなら、「アパート」というとどうしても「安っぽい」「古い」というイメージがあるので、敬遠されるからです。

余談ですが、英語でマンション(mansion)といえば「1戸建ての大邸宅」の意味で、日本語の「マンション」とはまったく異なる概念ですが、おそらく「高級」なイメージを連想させるので、「マンション」を売る側が好んで「マンション」という用語を使用したものと思われます。

しかし、日本語の「マンション」を英語で言うとやはり、apartment または、condominiumになります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

TINTAIMANさん

2019/10/912:35:24

各業者が各々基準を設けて読んでいますので基準は各社によります。

一般的にS(鉄骨)造 や(S)RC(鉄筋コンクリート)造はマンション
木造 軽量鉄骨造はアパートやコーポです。

S造は2階立てもありますから低層のS造はアパート(コーポ)と呼ばれたりもしますので基準はあいまいです

みっきーさん

2019/10/912:19:31

日本においては特別な区別はないです。
そういう呼び名にしてるだけです。
その呼び名を付ける目安としてマンションは階数に制限がなく、鉄骨で建てられているものが多く、アパートは階数が2階から3階程度で、木造もしくは軽量鉄骨造であるものが多い傾向にあるというだけです。よって管理組合はどちらにもあり得ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる