ここから本文です

コシダカ<2157>につき、以下のニュース記事がありましたが、この内容を、概略、...

ケントさん

2019/10/1020:33:18

コシダカ<2157>につき、以下のニュース記事がありましたが、この内容を、概略、ご説明
ただけませんでしょうか?

➊ 子会社のカーブスを分離・上場 日本企業初のスピンオフ税制適用
❷ カーブス株の現物配当(株式分配型スピンオフ)

閲覧数:
570
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/1023:21:18

いや-初耳でした。

珍しいですね。米国では割とよくあります。
会社を分割し、既存株主に割りて充てるやつです。日本では初ですか...。

コシダカを分割して、カーブス会社とカラオケ会社の二つにして、コシダカ株の持主にそれぞれの会社の株を割り当てるというものです。
会社分割。有名なところでは、タイコやアボット、ダウの例があります。最近ファイザーが大衆薬子会社を分割しています。株主からの要求の強い米国ではさかんに行われます。

税制面では、通常の子会社の上場と見なされると、上場益が会社に転がり込みます。利益ですので、税がかかりますし、株主にとって、分割の前後で理屈上の資産に変化がないのに、分割された会社の株価次第で、現物配当とみなされ、みなし税がかかる可能性があります。

会社にとってメリットはほとんどないので、機関投資家の力の弱い日本では、これまで行われてこなかったのですが。
スピンオフしても、企業や株主に税をかけないだけです。

つまり、コシダカ100株保有していたとすると、
まねきねこ株式会社100株、カーブス株式会社100株、保有となります。

当然、価値は非対称となります。現在1720円ですから、

まねきねこ720円、カーブス1000円とかの形となります。

詳細は、今後明らかのなるでしょう。保有株では、初めてのケースなので、注意深く見てみたいです。

日本企業はコングロマリットディスカウントがひどいので、外国人機関投資家の要求の強いソニーなんかも将来分割するかもしれませんね。

なお、理屈上は、分割の前後で資産価値は変わりませんが、コングロマリットディスカウントの解消になるので、分割後の方が、トータルの資産は増えると思います。多くの場合は、非対称となります。

まねきねことカーブスの成長性を考えると、カーブスの価値の方が高く、例えば、コシダカ1700円が、まねきねこ300円、カーブス3000円となるみたいな状況になりうるということです。

  • 2019/10/1023:26:00

    日本の会社は、従業員や経営者のための会社ですので、分割することはないと思っていました(そのあたりが米国企業とは違う)。

    追随する企業が現れるかどうか、

    化学会社なんかも、合併して分割する形で再編というのがあるかもですね。ダウみたいに。

    いや~、驚きました。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/10/17 16:38:41

勉強になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる