ここから本文です

由布院か湯布院どっちが正しいのでしょうか。 もしかして同じだと思ってて全く違...

mic********さん

2019/10/1318:57:57

由布院か湯布院どっちが正しいのでしょうか。
もしかして同じだと思ってて全く違う場所でしょうか。

閲覧数:
34
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

unt********さん

2019/10/1922:39:45

本来の表記は「由布院」です。「由布」の表記は平安時代の「和名抄」にも見られる由緒あるものです。
「湯布院」などという表記は、昭和20年代以前は存在していませんでした。
温泉名はもともとは「由布院温泉」。町のシンボルである山の名は「由布岳」、JRの駅名も「由布院」を通しています。


「湯布院」という表記が登場したのは、1955年(昭和30)に「由布院町」と、隣りの「湯平(ゆのひら)村」が合併した際に、新しい自治体名を「湯布院町」としたことに始まります。
新しい自治体名は「ゆふいん」という音にするけれど、湯平の「湯」の字を採用することで合併相手の湯平村(ここも優れた温泉地です)に配慮したのです。全国の合併自治体によく見られる合成地名の一種と考えてよいでしょう。
まだ昭和30年当時の由布院温泉は、別府の陰に隠れた全国的には無名の温泉地でしたから(むしろ湯平温泉の方が湯治場として高い集客力を誇っていたぐらいです)、「湯の町」をアピールする狙いもあったのかもしれません。
つまり「湯布院」という表記は、1955年に合併で成立した自治体に名付けられた歴史の浅い地名です。


自治体名が「湯布院」町になったからといって、由布院温泉はあくまで「由布院」の表記が正当なのですが、自治体名の影響力というのは絶大です。町村合併に伴う合成地名だという事情を知らなければ、誰もが町名の「湯布院」が正しい表記と思ってしまうはずです。

旧湯布院町では、単一の温泉地名としては「由布院温泉」、町内にある由布院温泉・湯平温泉・塚原温泉などの総称として「湯布院温泉(郷)」という表記の使い分けを考えていたようですが、メディアや旅行業界、まして一般の旅行者にこの使い分けを徹底させるのは最初から無理な話でした。

ガイドブックも旅行会社のパンフレットその他も、自治体名に合わせて単一の温泉地名を「湯布院温泉」と書く事例が続出し、メディアでも「湯布院温泉」の表記が一般化してしまいます。


歴史的な正しさはともかく、多くの人が「湯布院温泉」の表記を用いるようになればそれを追認せざるを得ません。
一応、温泉名としても「由布院」「湯布院」のどちらの表記も正しいというのが、町役場や観光協会の見解になっていきます。

伝統的地名表記(山の名や単一の温泉地名など)は「由布院」、旧由布院町と旧湯平村が合併してできた自治体名は「湯布院」を用いる、というのが使い分けの一応の基準のはずです。旧湯平村を含まない旧由布院町のエリアのみを指す場合は、「湯布院」と表記するのは正しくないはずなのです。
しかし自治体名としての強い影響力ゆえに「由布院」の表記を使うべき領域にも「湯布院」がどんどん伸してきてしまい、両地名の混用・併存が進んで違いが曖昧なものになってしまいました。まあ、音は同じですし、どちらの表記で書いても単に「ゆふいん」といえば、普通は由布岳の麓の由布院温泉一帯を意味し、混乱は生じないので、両方OKということになっていったのでしょう。


さて2005年(平成17)、湯布院町は挾間町・庄内町と合併して「由布市」となり、自治体名としては消滅してしまいます。住所・地番の上では合併後の旧湯布院町域は「由布市湯布院町(大字)××…」と書かれ、「湯布院」の表記は残っていますが。
新市名に本来の「由布」の表記を採用したことは評価されてよいことと思います。

これからは、温泉名としても本来の「由布院温泉」の表記が優勢になっていくと思います。しかし半世紀にわたり「湯布院」が自治体名として使われてきた影響は大きく、「湯布院温泉」の表記も併存することになるのでしょう。

なお旧湯布院町の行政機構を継承した組織、たとえば「由布市湯布院庁舎」(旧湯布院町役場)、「由布市消防署湯布院出張所」(旧湯布院消防署)などは現在も旧自治体名を引き継ぎ「湯布院」の表記を使っていますし、湯布院町時代に作られた施設名、例えば「湯布院インターチェンジ」などは現在もこう表記するのが正当です。


以上、ご質問への答えとしては、
◎歴史的には「由布院」の表記が正当です。

◎しかし1955年~2005年の50年間、自治体名としての「湯布院町」が存在し、現在も由布市内の旧湯布院町域を示す地名として使われています。このかつての自治体名に由来する「湯布院」を名乗る施設等は、こう表記するのが正当です。

◎さらに半世紀にわたり自治体名として「湯布院町」が使われた影響で、本来「由布院」と表記すべき領域にも「湯布院」の表記が広く浸透し、両者の併記・混用が進みました。歴史的正当性はともかく、「由布院」「湯布院」どちらの表記もOKというのが現在の自治体や観光協会の見解です。
厳密には「由布院」と書けば旧由布院町のみ、「湯布院」と書けば旧由布院町+旧湯平村を指し、両者の範囲は同じではありません。しかし実際には、旧由布院町の由布院温泉地区(JR由布院駅周辺)について「湯布院」「由布院」の両方が区別なく用いられており、一般論としては両者はまったく同じ場所を指す表記として併記・混用されています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アカネさん

2019/10/1710:52:00

由布院はその地区の名前、湯布院は周辺の温泉地を含めて言う時に使う名前、と聞いたことがあります^^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる