ここから本文です

マーチングバンド一般団体の立ち上げに携わった経験をお持ちの方や、一般団体を運...

アバター

ID非公開さん

2019/10/1502:36:59

マーチングバンド一般団体の立ち上げに携わった経験をお持ちの方や、一般団体を運営している方に質問です。

マーチングバンドを自分で立ち上げようとしたときどうすればいいか。なのですが、スタッフ、メンバー、練習場所、楽器、運営資金についてです。

まずスタッフなのですが、高校で一緒にマーチングをしていたメンバーや一般に入ってできた仲間と共に立ち上げようと考えているのでなんとかなりそうです。

メンバー募集については、知り合いのマーチング、吹奏楽にある高校に訪問させていただき経験者を集めようと考えています。

練習場所は、幸い駅に近いところに大きな運動場があり、借りることができるので安心です。(?)

楽器が1番のネックなのですが、調べてみると廃部になる高校等から安く"買う"であったり、ヤマハから借りるなどお金がかかるものばかりです。(主にバッテリーやフロントピットなど打楽器)お金を使わずに、と言うのは虫の良い話だとは思いますが、楽器の工面についてどのようにするのが一般でしょう。。

運営資金につきましても、団費を集めてそこからどうにかするのが一般的だと思います。
ですが立ち上げて最初からそんなことができるわけでもないと思います。
企業が提供でついたりしているのでしょうか?
わからないところだらけなのでアドバイスいただきたいです。><

補足資金として最初に必要な金額もできるだけ詳しく教えていただきたいです。
金管4パート、バッテリーライン、フロントピット、カラーガードで考えています。
規模はマーチングバンド協会での中編成〜大編成くらいを組めれば最高だと思っています。(おそらく小規模からスタートだと思いますが。)


蛇足ですが、マーチングバンドで投資ファンドなど可能なのでしょうか。

閲覧数:
47
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

idecchiさん

2019/10/1508:07:03

マーチング経験はなく、立ち上げ経験もないですが、一般の吹奏楽で立ち上げた頃の話として聞いた事がある話。

管楽器は個人持ちが基本。ある程度年数を経て積立てていたお金で大型楽器などを購入することはありました。

打楽器は、最初は借りられるところから借りたり、個人持ち。知り合いの楽団は、団内の幹事名義でローンを組んで楽器を購入していました。
以前いた団体では、立ち上げのときではありませんが中古の楽器を買い取ってくれませんか?とか、学校で要らなくなった楽器、必要だったらあげますという話がたまに来てました。

楽器の保管場所はなんとかなりそうですか?離れた場所だと毎度の運搬も考える必要がありますね。

資金としては、最初から団費を集めるのが一般的では?練習会場を借りたり、楽譜を買ったり、先々の楽器購入の為の積立をしたり…いきなり毎月が無理…なら集まった時の練習場所代とかかかった経費を割り勘して、先々の事を中心になる人達で考えてみては。

投資ファンドというのはクラウドファンディングのようなことでしょうか?お金が集まるかはわかりませんが、リターンの設定がうまくいけば集まるかも?

  • idecchiさん

    2019/10/1521:24:48

    クラファンですが、そうですね、かなり難しいと思います。それなりに有名な某YouTuberがやってるのを見ましたが、殆ど集まらずに終わってました。

    団費についてぼんやりと考えていたのですが、いくらかかるのか皆目わからないのでは却って参加を躊躇する人もいるのでは?1回目は実費としても、次の〇月からは2000円とか3000円とか決めて、演奏会?とかで足りなくなるなら臨時徴収というのは比較的一般的なやり方かと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jaq********さん

2019/10/1510:27:09

他力本願満載やな、、
楽器買っても、保管、移動どなんするねん、学生呼んでも、学校優先やから、あつまらんやろ

やるなか、2000万ほど自腹でやる気があればなんとかなるけどな

プロフィール画像

カテゴリマスター

gdq********さん

編集あり2019/10/1509:09:28

立ち上げに関わってた訳ではないので回答があるまでの場繋ぎ的に回答しておきます。

管楽器は基本的に持参です。カラーガードは自腹で自作。打楽器は団長の母校、ツテのある学校からのレンタルからスタートでした。最初はピット無しでバッテリーも各1台ずつといった感じ、衣装もジャージのみ。数年かけて団費と団長副団長などの自腹を合わせて少しずつ増やしていったみたいですね。でもピットに関しては恐らく今も借りてます。さすがにティンパニや鍵盤類など大型打楽器は楽器自体が手に入っても保管場所の問題があります。

バッテリーに関しては「音楽的機能」か「マーチング的機能」か、優先順位を決める必要はあると思います。音楽的機能を優先するならスネア、バスドラム、テナー、シンバル各1台ずつで特に問題ありません。各楽器「ライン」を作りたいならそりゃ予算は数倍に膨れ上がります。

コネや営業力次第かとは思うんでスポンサードも不可能ではないと思いますが、実績も肩書きも無い無名団体に最初から企業のスポンサーがつくとか、あるいは宗教団体がバックにあるとか、そちらのほうが珍しいと思います。最初は自腹、団費で少しずつどうにかするのが普通かと。まぁDCI経験者や全国大会常連校OBで固めてれば無名団体でも資金繰りは楽になるとは思いますけどね。

廃校の楽器は行政経由で処分、売却されるはずなので、余程タイミングや関係性がしっかりしてないと買う事も出来ないんじゃないですかね。クラウドファンディングも不可能だとは思いませんが、余程の文章力(というかアピール力)が無ければ数万円にもならんでしょう。全く無名のマーチングチームにお金出して得する人っていないですし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる