ここから本文です

大政奉還後明治天皇、明治政府は都を京都から東京(江戸)に移したのは一体何故で...

メバルのおばちゃんさん

2019/10/1509:54:16

大政奉還後明治天皇、明治政府は都を京都から東京(江戸)に移したのは一体何故でしょうか。

閲覧数:
43
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

朱里モコさん

2019/10/1510:34:29

徳川氏が江戸から駿府に引っ越したから。

京都や大阪より江戸の方が街全体が広く、人口も多い、藩邸や屋敷などもそのまま再利用できる建物が多かった。
日本列島のより中央であることが必要だとされた。

大阪や東京なんかに移してなるものかと京都市民の反発が根強く、最初は東西両都を宣言し、東京と京都を鉄道で結ぶことなどを掲げて、半ば騙し騙し東京へ移していったということです。

証拠に、遷都は正式には宣言されておらず、東京城(皇居)は天皇の仮住まいであるという位置付けです。
京都御所が実家であると京都の人は口を揃えて言います。

京都と大阪が仲良しで、淀川流域全体が栄えて人口も多く一つにまとまっていたら、国会議事堂は西にあったかもしれません。

質問した人からのコメント

2019/10/20 07:50:42

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ail********さん

2019/10/1523:46:40

首都を東京にしただけです。遷都はまだしていません。
実際は天皇担いだ諸藩の人間が住む場所の問題です。
徳川側の人間追い出して住んでいます。沢山ありました。良い屋敷の取り合いしてます。
政治上、天皇担いでいるので、京都に置いて置くわけいかなかったからです。
深い意味ないです。
京都大阪では自分達の住む場所ないです。有っても家建てないと駄目です。

jet********さん

2019/10/1513:48:28

大阪への遷都論が、実は優勢でした。

大阪遷都の目的は、①天皇を公家勢力のしがらみが強い京都から引き離す事。そして内陸部の京都から、②集権的な体制づくりの上からも、水陸の交通の要衝に移す事。
この二点です。

しかし問題は、新政府で必要な役所の建物や、政府幹部や官吏の役宅をどう調達するかです。

新政府は300万両の御用金を慶応4(1868)年、京・大坂とその周辺に賦課したりしますが、戊辰戦争は金食い虫!
太政官札なんかも発行しますが、新政府は慢性的な金欠病。

そんなんで、大阪がベストだったんですが、ベターな江戸に遷都先は決まります。

理由は、空き屋敷がゴロゴロあった事ですね!

つまり徳川当主家達(いえさと)に、“納地”の代償に静岡が与えられた結果、旗本・御家人が大挙して静岡に移住した。
また、参勤交代での大名在府用の上下江戸藩邸が、空いているんです。

つまり建設費用ゼロで、新首都が、金欠病の新政府にゲット出来るのです。
そんなんで大阪遷都論は、立ち消え!

大阪なら、仁徳天皇の高津宮の例もあるので説得しやすかったでしょう。
しかし江戸は、坂東=夷の地!

そんなんで大久保利通や岩倉具視(公家出身)らは説得を諦めて、行幸の形で、天皇や公家を江戸に遷したのです。

明治天皇は坂東行幸(遷都)に際して、「東の様子が心配なので、様子を見てくる。留守を頼む!」と言い置いて出かけられたとか・・・。
そんなんで、京都のお人は今も天皇のお帰りを、いにしえからの都を守って、お待ちしているとか・・・。

自分は大阪人ですが、大阪でもこれは伝わっている、有名なエピソード。

2019/10/1510:56:07

今の人と同じく、明治天皇や政府要人も「東京へのあこがれ」があったんだろうよ。

2019/10/1510:45:24

明治政府は、建前上は討幕に賛成した諸藩の連合体として成立します。江戸は参勤交代のための江戸屋敷があり、各藩が合議するために集まりやすい条件が整っていました。それは幕府の統治体制がすでに出来上がっていたので、それを利用しないという選択肢はなかったwのです。

chi********さん

2019/10/1510:09:23

権力の中枢は江戸にある、と諸外国が知っていたからです。大政奉還後も徳川慶喜は、外国の行使に対して「自分にある」と説いていたことも理由かも知れません。

江戸を江戸のまま残しておくと、徳川が再び明治政府に対抗してくる可能性があったために、その芽を摘むためにも、江戸を江戸として放置しておくことができなかったのだと思います。徳川の実権をすべて奪うためにも首都を江戸に置かざるを得なかった。そして、徳川の時代が終わったことを世に知らしめるために、東京に改称することになったのだと思います。

国家機構の中心が江戸にある。それを明治政府が取る。

天皇による親政を実現するためには天皇ご自身が国家機構の中心があるところに住まわれなければなりません。当時、京都におられた天皇が後の東京に住まいを移されたのは、このような理由だと思います。

天皇が東京へ住まいを移されなかった場合は、大政奉還をした後であっても幕藩体制の維持を主張する武士が江戸を乗っ取り、東西で日本が分断されていた可能性があります。その芽を摘むために、東京を首都としたのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる