ここから本文です

羽生善治九段の名前が付いた戦法や囲いがないのはなぜですか? 羽生冠とか、羽...

アバター

ID非公開さん

2019/10/1521:24:39

羽生善治九段の名前が付いた戦法や囲いがないのはなぜですか?

羽生冠とか、羽生流○○みたいなものがないのですか?

閲覧数:
103
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kzk********さん

2019/10/1521:35:47

一応、マイナーですが筋違い角対策に「羽生流向かい飛車」というのがあります。
ただあまり知られてませんし、わざわざ「羽生流」と言わないことも多いですね。
最近は羽生先生が後手番一手損角換わりの72金型右玉という他に指している人がいない戦法を連続で採用して勝ち続けているので、そのうち羽生流と呼ばれるかもしれません。

これまで羽生流が無かったのは、羽生先生が新しい戦法を作り出したということが無かったからですね。
もちろん細かいところでは「羽生新手」は一杯あるのですが、戦法そのものと言えるものはこれまで生み出していなかったのです。

羽生先生はこれまで、自分で戦法を生み出すよりは、誰かが生み出した戦法を改良して指しこなすことを得意としてきました。
どんな戦法でも指しこなしてしまうので、一つの戦法を突き詰めて研究して新しいものを生み出すというよりは、その時その時で流行りの戦法にいち早く対応して使いこなすことで勝ってきたのです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/10/18 02:11:02

オールラウンダーだから少ないのですかね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/1712:15:23

羽生さんは序盤のクリエイタータイプではなく
アレンジャータイプなので
そういうのがほとんど無いですね。

それだけに
藤井猛九段や升田幸三名人ら序盤の大家に対しては
かなり敬意を持っているみたいですし、
以前の雑誌企画で「今よりさらに強くなるならば
序盤力と終盤力のどっちを強化したいですか?」
みたいな趣旨の質問が複数の棋士に出された際に、
ほとんどの棋士が終盤力を強くしたいと答えていた中で
羽生さんだけは序盤と言い切っていました。

2019/10/1615:57:39

一応『羽生式袖飛車』とかありますが、羽生九段は斬新な新戦法や構想を作り出すというより、他人が考えた構想を改良したり、対策を考えたりする事に長けている印象です。
発明家タイプでなく、研究者タイプと言えるかもしれません。
ですので、『羽生流…』とまではいかなくても、『羽生新手』は数多く存在し、様々な戦法の発展に大きく貢献しています。

一例として、横歩取り4五角戦法の中に羽生新手があります。筋違い角や中飛車対超速における菅井流4五歩を絶滅に追い込んだのも、羽生九段の新構想です。
さらに、ゴキ中超急戦が流行した際に、新手を編み出し快勝したのですが、その数週間後に、今度は逆を持って自分の新手に更なる新手をぶつけて勝利した事もありました。

自分自身の型を持たず、どこまでも柔軟な姿勢も羽生先生が長年トッププレーヤーとして活躍できている理由の一つに思えます。

tun********さん

2019/10/1613:14:13

『羽生流勝つための将棋入門』ナツメ社、を読んでください。

2019/10/1610:01:47

無いですね。
初手32金とか羽生さんしか指さない手は、いくつかありましたけど、新戦法とか新囲いまでに至ってません。
全ての戦法をされるライキングが有れば、一番でしょうから特定の戦法に特化していないのだと思います。

あと蛇足の別話になりますけど、棋士アンケートで序盤・中盤・終盤のどこに今より力が欲しいですかの問いがありました。
羽生さん以外は、全員が終盤力だったのですかど、羽生だけが序盤と答えたそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる