ここから本文です

この薙刀の反りはさすがに誇張ですよね? 存在したらいくらかは残っていると思いま...

awl********さん

2019/10/1600:13:24

この薙刀の反りはさすがに誇張ですよね? 存在したらいくらかは残っていると思います。

薙刀,甲野善紀,by Wikipedia,質問者,鳳嘴刀,キツい薙刀,古今東西

閲覧数:
208
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fxc********さん

2019/10/1605:14:00

絵だから、画家が多少のデフォルメしているだろう。

それでも結構反りのキツい薙刀はある。これなど、アングルによっては写真の薙刀に近い見えかたをする。

絵だから、画家が多少のデフォルメしているだろう。...

質問した人からのコメント

2019/10/22 10:51:00

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/10/1608:29:56

古い時代には両刃だったって説があります。質問者さんの絵図はこれより古い形と考えられます。

古い時代には両刃だったって説があります。質問者さんの絵図はこれより古い形と考えられます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

那謨さん

編集あり2019/10/1606:47:50

中国には、鳳嘴刀(多分こんな名前だったと思いますが、ちょっと違うかも知れません。記憶が曖昧です)と言う物があるんですが、かなり近いと思います。

御存知の様に、日本の刀剣は中国から渡来した物が起源ですから、その時代に近しい、もしくは名残を留める武器ならば可能性はあると思います。

その場合、鳳嘴刀の成立がいつ位なのかも問題になってくる訳ですが、残念ながらそれは私の知識の外ですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/1603:23:18

甲野善紀氏などの専門の武術家ですら
大昔の絵画の描写を根拠に「昔はこうだった」みたいな
自説の補強に用いることがあります。

しかし古今東西、画家という人種は
実際の現実がどうだったのかということよりも
絵面のカッコよさ
すなわち演出を優先する体質がありますので
絵画描写の資料性を写真と混同してはなりません。

sur********さん

2019/10/1603:09:48

江戸時代以前の薙刀はあまり数が残っていないそうで、こんな形の薙刀が本当にあったのかは議論があるようです。(By Wikipedia)

ただ、斬るためにはおそらくここまでの反りは必要ではなく、またここまで反ってしまうと突くことが困難になると思われるため、仮に実在したとして実用的にどうなのかは微妙なところではないかと思います。
むしろ画像の形状だと、裏表逆にして敵をフックした方がいいのではと思えてしまいますね(笑)

タ座さん

2019/10/1600:19:44

反りは知らんが武装僧侶のメイン兵器なのは確かだったみたいだな・・・弁慶も使ってたし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる