ここから本文です

ピアノの上級者の曲と言うのは、どのくらいの事を言うのですか? ちなみにショパ...

bkd********さん

2019/10/1721:35:24

ピアノの上級者の曲と言うのは、どのくらいの事を言うのですか?
ちなみにショパンのエチュードは上級者ですか?

閲覧数:
205
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2019/10/1723:08:00

上級者と言って良いです。

現在、世に出版されているものが27曲ありますが、その中でも難易度が違います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kys********さん

2019/10/1723:11:23

私の個人的な考えになるかもしれませんが、良く、楽譜に上級者用、中級者用、初級者用と書かれています。

初級者用は入門編と言うことで分かりやすいのですが、それ以外は何をもって上級者というか異論があります。例えば、初級者が上級者用の楽譜を購入し、弾けたとしても、その方を上級者というのは言いにくいと思います。

俳句を例に取ると分かりやすいと思いますが、初心者が良い俳句を一句作っても上級者と認めてもらいないのはご存じのとおりです。

結局、中級以上の曲を余裕をもって安定して弾ける方を上級者と言っているのではないかと思います。

発表会で頑張って難しい曲を弾いている子供たちを良く見かけますが、上級者ようの曲をやっと弾ける子供は上級者の曲を学習中の中級者ということになるのではないかと思います。つまり、ショパンエチュードを弾けるようになったばかりの子供たちはその範疇になると思います。

中級の曲の範囲が広く、上級の曲がむしろ少ない印象があります。上級の曲は、どちらかと言うと、作曲家が難曲を作曲しようと意図したものが多くあり、確かに技巧的に難しいものの、面白くないという傾向があるからだと思います。

バッハの平均律は、リスト、ショパンの練習曲のように技巧的に非常な難曲はありませんので、一応、中級に分類されることが多いのですが、これを余裕をもって安定して弾ける方は、あるいは、さまざまなピアノ協奏曲を安定して弾ける方は、上級と言えるのではないかと思います。

ちなみに、コンサートピアニストといって、ピアノ協奏曲を弾くソリストが急病で出られなくなった時の代役のピアニストは25曲ぐらいのピアノ協奏曲をいつでも弾けるように準備しているとの事ですので、記憶力も相当なものだと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/1806:08:01

全音の難易度レベルでいう、EとFが上級者の曲です。ショパンエチュードは上級ですね。個々の曲には中級レベル(ツェルニー30番、40番)で弾けるものもありますが、全体としては上級です。

単にすごく速いとか、弾くのに高度なテクニックを必要とするだけでなく、2本のペダルを駆使する、タッチを変えて音色を変えることなど、豊かな表現力が求められる曲が、上級者の曲だと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

shousugiuraさん

2019/10/1813:25:44

上級レベルの難しい曲を1曲だけ弾けても、その人が上級者とは限らないです。
上級レベルの様々な曲を弾くのに必要なテクニックを習得している、あるいは習得中の人が上級者です。

ショパンのエチュードは上級レベルのテクニックを習得するための練習曲です。
まさに、上級者向けの曲ですね。

rnd********さん

2019/10/1815:26:02

ショパンスケルツォ2番とか、1番あたりがくるとかなり上級者向けになるかと思います。
エチュードも上級者向けですが エチュード25-2とかだと初級ですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる