ここから本文です

二つ質問があります!

アバター

ID非公開さん

2019/10/1909:45:47

二つ質問があります!

ボーヤンの不調は何が原因なのでしょうか?

ジェイソンはオーサーのところに行って何かを得ましたか?

閲覧数:
227
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

taizanbokuさん

2019/10/2500:23:42

元々、ボーヤンはムラのある選手で、心配してると活躍しますし、
その反対に素晴らしい成績を上げて感心してますと、
ストーンと落ちますし、変化の激しい選手ですね。

しかし、20歳前後の選手にはよくある現象で、
*平昌五輪 *17年の世界選手権のネイサンも、

*16年・19年・の世界選手権の宇野も期待度の割に
台乗りを外れ、口惜しい思いをしました。

ボーヤンの高いジャンプは見事ですし、北京五輪は母国ですから頑張ることでしょう!
彼に言いたいのは、ジャンプの際に顎を上げ過ぎで頂上に達した時に
非情に苦しそうな顔になってます。
コーチなり振り付け師なりが直す様に指導すれば
宜しいのに。
ついでですが、宇野の前傾姿勢も目につきますし、
その為に出っ尻が目立ち 背の低さが強調されてしまいます。
これも誰かが指導しないのか?と残念です。

ジェーソンはオーサーコーチの説明によりますと、環境の変化による
技術の向上には1年半はかかるとの事。
最近、効果が出始めたのではありませんか?

唯、彼の場合は年齢的に伸び率の余裕が大きくないですから、
何処まで到達するか、見守るしかないと思うのですが。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kun********さん

2019/10/2000:12:41

素人なので、本当のことはわかりませんし、推測にすぎませんが
ボーヤン選手の不調はいくつか複合的な原因がある気がします。

①体形変化。身長が随分伸びてからジャンプが決まり
にくくなったように思えます。彼の回転しているときの姿勢は
独特ですが、体形変化により上手く軸が作れず不安定に
なったのかな~と思っています。

②表現やスケーティングの強化
どちらも昔に比べるととても良くなっています。こちらに練習
時間を割いているのかもしれません。ジャンプだけでは
北京で多分勝てないので必要なことだし今は準備期間なのかも。

③プレッシャー
もうすぐやってくる北京オリンピック。中国国内には彼に
続くようなスケーターがシニアにあまりいないような気がします。
エースとして戦うことになるだろうけれど、国からの
プレッシャーが集中して大変そう。

思いつくのはこんな感じですが、北京オリンピックまでまだ
時間がありますし、今シーズンも始まったばかりですから
初戦では調子はよくわかりません。頑張って欲しいです。

ジェイソン選手心配ですよね。以前はどんなに失敗しても
キスクラでは涙をためても笑っていたハッピースケーター
なのに、その明るさがなくなった気がします。
得たものは技術的にはあるのかもしれませんが、よく
わかりません。ただ動きは洗練された(癖がなくなった)
気がしますし、やはり彼は上手いです。
ロヒーンさん以外のプロを滑ることにより得るものは
あるのかもしれません。
でも以前の独特な感じが気に入っていたので、割と普通に
なってしまい、それは少し残念です。
FSでは笑顔が見られますように。

misha 003255さん

2019/10/1910:48:46

調子はよさそうですよね。ボーヤン。氷が推定より伸びるのでは?本人がびっくりしていたような感じに見えました(笑)
でもあれぐらいのパワーを締めないと回れないだろうなとは思います。高さと飛距離は十分な良いジャンプです(笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる