ここから本文です

鉄の歴史について質問です 鉄は自然界では酸化鉄として存在しているわけですが...

cal********さん

2019/10/1921:10:44

鉄の歴史について質問です

鉄は自然界では酸化鉄として存在しているわけですが鉄として利用するには酸素を取り除く必要があります。これは化学の発達した今なら明白なことです。

しかし、化学式もなかった古代人はどのようにして「酸素を取り除かねばならない」という思いに至ったのでしょうか

偶然に落ちていた還元された鉄をみつけて、酸化鉄でなく、還元された鉄ならば(脆くなく)使える、ということを(酸素という存在は知らずに)経験的に知ったのでしょうか

同様に木(=c)と一緒に燃やすと鉄が得られる、ということをどのようにして知ったのでしょうか。これも偶然、経験的、結果的、なのでしょうか

閲覧数:
72
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2019/10/2512:59:49

製鉄が発見される以前に、鉄は、使われていました。
隕鉄です。
隕鉄を打ち伸ばした剣があります。
酸化鉄を還元するには、木炭や木を燃やした熱ではだめです。
一酸化炭素が必要です。
鉄鉱石、砂鉄を木炭と一緒に釜にいれて加熱したら隕鉄と同じものが出来たということです。焚き火程度では無理です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaz********さん

2019/10/1921:58:39

鉄は原始時代からあったとされています。
しかし、これは隕鉄と呼ばれる、隕石からとれる特殊な鉄の話です。
実際の鉄の還元には数千度の熱が必要であり、ただ日の中に炭素と放り込んでも還元は表面しか起こりません。
よって、鉄の歴史は浅く、化学と炉の技術が発達した、中世(日本は江戸時代)になって、ようやく利用できるようになりました。
この時代には、すでに錬金術として化学が知られており、これによって鉄を還元する技術が発展しました。
とりあえずいろいろぶち込んで燃やしてみた結果、還元された鉄が得られたわけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

eas********さん

2019/10/1921:16:40

火を燃やしていたら偶然そこにあった鉄鋼石から鉄が析出していたで鉄を発見したのでしょう。
偶然と結果的なのでは。
経験的は鉄を見つけてからの事なのではと見ますけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる