ここから本文です

民法501条1号が削除されました。弁済による代位の付記登記は不要になったのでしょ...

ros********さん

2019/10/2106:07:23

民法501条1号が削除されました。弁済による代位の付記登記は不要になったのでしょうか?

閲覧数:
23
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2019/10/2116:14:15

現行法で定めている代位の登記の意味について、
>保証人は、あらかじめ先取特権、不動産質権又は抵当権の登記にその代位を付記しなければ、その先取特権、不動産質権又は抵当権の目的である不動産の第三取得者に対して債権者に代位することができない。

あらかじめ登記しておかなければ代位できない、という解釈がされており、このあらかじめが弁済前を指すという説すらありましたが、学説としてもそもそも何のための付記登記であるのか趣旨が不鮮明であったため、削除されました。

第三取得者への対抗要件としては代位弁済による抵当権移転登記で十分だ、ということです。

質問した人からのコメント

2019/10/26 07:07:34

ありがとうございました。
理由もよく分かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2019/10/2106:18:14

付記登記がなければ第三者が被担保債権の消滅を信頼するのか疑問であり、さらに被担保債権の譲受人が付記登記なしで抵当不動産を取得した第三者に対抗できないわけがないからです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる